本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

小説書きと細木

10月5日(水)

 まあまあの起床。八時ジャストより原稿書き開始。暇をみながらチョボチョボ書き続けていた『薔薇族』の連載小説『パレット』の仕上げである。外は雨。今日は一日降り続くらしい。テレビではみのもんたが「議員年金」の問題を取り上げ、国民年金との対比表を前に「どーですかミナサン! われわれ庶民より、納付期間や支給額においてこんなに優遇されてるんですヨ!!」と例のごとくおだを上げまくっていたが、どうもみのが言うと説得力がない。確かに立場的に言えば「一般人」なのだが、収入的には決して「庶民」ではないからなぁ。年金なんてチリ紙代みたいなものなんじゃないの? とやっかみ半分に言いたくもなるってばサ。
 途中、昼食をちょっと挟んだ以外は外出もせずにずっと仕事。二時すぎ、『パレット』第七回目がようやく脱稿。阿部一彦くんに挿絵の依頼書をメールする。続いて『バディ』連載の文字校チェック。訂正部分を送信したところで時刻は三時すぎ。精神力を使い果たし、力尽きてベッドに倒れ込む。しばし仮眠。五時前に起きだし、夕食の支度。何も買い置きがないので、でっかい握り飯をふたつ作ってムシャムシャと。普段の一食分の三倍の米を一気に喰らう。何かのストレスが過食に結びついたのか? 食後はハードディスクに録りためてあった番組をいくつかDVDにおとす。そのあと入浴、そして仕事。テレビは『愛のエプロン』。本日は特別版だとかで、なんと三時間ブチ抜きで細木数子が主役。なんでこんなのをいつまでもチヤホヤしているのか、マスコミの良識を疑う(これはデヴィ・スカルノ、神田うのについても同様のことが言えるが)。まぁ、「テレビマスコミに良識なんてものを期待する」こと自体、良識を疑われるような愚行なのかもしれないが。全編、細木テイスト満載でヘドが出る思い。だったら観なければいいじゃねぇか、と言われるかもしれないが、視聴率が高くてくっだらねぇ番組ほどきっちり観て、この国の民度のレベルを確認するのが好きなのだオレは。観終わって『さんまのまんま』二〇周年スペシャルへチャンネルを変えると、「離婚した日に収録した」回が流されており、ゲストはなんと蓮舫。あの頃からすでに胡散臭いオンナではあったが、顔の上半分と下半分とで表情のちがう(目は怒っていても、口元だけはいつもニッと笑い続けている)現在と比べればはるかに人間ぽい。
 仕事のほうは、原稿書きの力は昼間使い果たしたので、すでに書き上げたもののチェック。十一時で終えて、読書にかかるが、二〇分と経たないうちにギブアップ。くたびれ果てて就寝。真面目に原稿書きするとかなり披露するねぇオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/07(金) 08:38:49|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ロシア料理屋とプラマイゼロ | ホーム | イケメン巡査と息抜き>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/177-40891219
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。