本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

国政危機とテレビのハズレ日

10月11日(火)

 定刻起床。天気はイマイチはっきりしない。本日も朝から夕方まで出仕事。午後、ネットニュースにて以下の報道が。
【郵政法案、賛成多数で衆院通過………………政府が今国会に再提出した郵政民営化関連法案は11日午後の衆院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決された。賛成338、反対138だった。これに先立ち、同法案は昼の衆院郵政民営化特別委員会で、与党の賛成多数で可決された。民主党が対案として提出した郵政改革法案は、与党と共産、社民両党などの反対で、否決された。同法案は2007年10月に日本郵政公社を解散し、国が出資する持ち株会社の日本郵政会社の下に、郵便事業会社、郵便局会社、郵便貯金銀行、郵便保険会社の4事業会社を設立するとしている。持ち株会社は17年9月末までに、郵貯銀行と保険会社の株式を完全処分することになっている。】
 国会が小泉純一郎の掌中におちた時点で誰もが覚悟していた(であろう)ことであるが、現実になったと聞かされるとやはりドキドキする。こわいのは、たんに郵政民営化うんぬんではなく、事実上「一党独裁」をゆるしてしまっている状況だ。反小泉派は現体制を大政翼賛会になぞらえて危機感をうったえるが、いまさらどうにもならないだろう。安易に小泉を支持してしまった有権者たちは、自民圧勝をゆるしてしまった無力な野党ともども今後のなりゆきを見つめていく義務がある。日本が沈没するあかつきには、いっしょにおぼれ死ぬ覚悟をいまからもっておかねばな。もちろんオレもふくめて。
 五時半、よりみちして高田馬場で下車。古本屋を数軒まわって資料あつめ。収穫はまぁまぁ。きょうの昼休みに神田神保町で、先日正価で買ったばかりの資料本が半値でだされているのを発見してヘコまされたのだが、買おうかどうか思案していた漫画がこちらも半値になっているのを入手できたので一勝一敗ひきわけというところか。夕食を買って七時半帰宅。食いながらテレビをみるが、青木さやかがパリコレモデルをめざしたり、しょうもない女がろくでもない男と再会したりと、どの局もいつもの七割増しでくだらなさを競っている感じ。まったく、改編期はこれだから……。結局、通常通りの「さんま御殿」におちつく。食後、入浴。机にむかおうとするが、どうにも気がゆるみ、仕事をする気がでてこないのであきらめて本日も休業とする。雑事と読書で時間をついやしたあと、零時頃就寝。きょうの番組が日頃に輪をかけてヒドイのはひょっとすると国政の危機をカモフラージュするための陰謀なんじゃないか? とちょっと勘ぐっているぞオレ。

スポンサーサイト
  1. 2005/10/12(水) 19:48:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<脱力ニュースと気力のおとろえ | ホーム | ビデオ編集とドラマを観て考えたこと>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/183-30673418

「日本沈没」トラックバックURL

「日本沈没」関連のトラックバックURLを募集します。
  1. 2005/10/15(土) 00:54:08 |
  2. トラックバックURL収集センター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。