本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

脱力ニュースと気力のおとろえ

1012日(水)

 定刻起床。ひさびさに晴れ間がみえる。ネットに、こんなお笑い……にしてもあまり質のよくないニュースが。
【エ?ッ元彌プロレスデビュー………………仰天!! 狂言師の和泉元彌(31)がプロレスデビューすることが11日、分かった。舞台はプロレスのビッグイベント「ハッスル・マニア」(11月3日・横浜アリーナ)で、12日に都内会見で正式発表される予定。2002年10月にワイドショーをにぎわせた宗家継承騒動以来、表舞台から遠ざかっていた元彌が、“現代の能楽”プロレスのリングに登場する。関係者によると、今夏にハッスルを主催するイベント会社のDSEが和泉側に接触し、11月参戦を打診。最初は戸惑いを見せた元彌だったが、粘り強い説得に要請を受諾した。能楽とプロレス。まるで異なるジャンルへの挑戦。対戦相手は未定だが、久しぶりの晴れ舞台となるデビュー戦に意欲的だという。関係者には「プロレスという新しい舞台に挑戦することで、能楽の舞台にも還元できると思う」と語っており、新天地での経験を芸のこやしにする決意。12日に予定している会見では、自らの口でプロレス挑戦への意気込みを語ることになりそうだ。02年の一連の騒動で連日のようにワイドショーに報じられた元彌。その知名度、話題性などから、まさにハッスルには打って付けの“最強キャラ”となりそう。ただし、格闘技経験はない。殴る、蹴る、投げ飛ばすといった、肉体的苦痛も伴うプロレスのリングで、武器となるのは華麗に舞う能楽のみ。どんな“能楽ファイト”を見せるのか。さらには、元彌ママこと節子さん(63)の存在も気になるところ。過去の騒動以上のハッスルぶりが期待される!?】
 ……もうどうにでも好きなようにやってください、という意外に感想はないね。しいていうなら「羽野晶紀の感想をきいてみたい」ということくらいか? あと、コスチュームがちょっと気になる。やっぱり狂言師っぽいカッコなのか? なんかグレート・カブキみたいだな。そして仰天の芸能ニュースがもうひとつ。
【松平健 14歳下のタレントと再婚………………俳優の松平健(51)=本名鈴木末七さん=が再婚したことが11日、明らかになった。所属事務所が深夜にマスコミ各社にファクスを送って発表。お相手はタレントの松本友里(37)=本名・松本友里子さん=。大安の11日に婚姻届を提出したという。新妻の松本友里は俳優の天野新士と、宝塚の元トップスター和歌鈴子の娘。90年にはNHK「おはようサンデー」のキャスターも務めた。2人は91年、テレビ朝日「暴れん坊将軍4」で共演し、98年には舞台版でも共演。昨年10月に松本が、松平だけが出演していた舞台版(東京・新宿コマ劇場)を観劇し、交際に発展。「1年の交際を経て、この度の運びとなりました」とした。03年12月に前妻の大地真央(49)と離婚した。04年7月には歌手として「マツケンサンバ2」を発表すると大ヒット。同年には紅白歌合戦にも出場。その後、バラエティー番組へも多数出演するなど活躍の場を広げたが、女性の噂はなかった。】
 松チャンといえば●●だというのがなかば公然の秘密のようになっている(大地真央も●●で、双方合意のうえでの●●結婚なんていわれてました)人なのだが、まさか再婚するとはねぇ……。松本友里って聞き覚えあるけど誰だっけ? という感じなんでプロフィールをみてみると、
【松本友里(まつもと・ゆうり=本名・松本友里子)1968年(昭43)3月18日生まれ、東京都世田谷区出身。80年代にアイドルとして活躍し、「飛んで火にいる恋の虫」などの歌を発売。】
 とあった。まだピンとこないので検索してみると、こんなオムニバスアルバムの情報がひっかかった。
【おしえてアイドル 80’sアイドル・コレクション BMGファンハウス編 飛んで火にいる恋の虫
1.アイ・ハード・ア・ルーマー(真弓倫子)
2.ボーイ・キラー(松本友里)
3.太陽のハレーション(Pumpkin)
4.太陽のアラベスク(秋山絵美)
5.Everynight(石川秀美)
6.め・ま・い3秒(山口かおり)
7.飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
8.ときめきハイウェイ(尾上千晶)
9.フォーリン・ラブ(古沢みづき)
10.あなたにチューリップを(彩木美来)
11.Sweet Summer Lady?年下のサーファー・ボーイ?(中沢初絵)
12.教科書のイニシャル(佐野量子)
13.フィフティーン・ラブ?唇の秘密?(山口かおり)
14.朝の口紅(矢野良子)
15.Question(ザ・チェリーズ)
16.わたしは街のバレリーナ(森下恵理)
17.Just a Beatnik(勇直子)】
 ふうむ、こういうメンツと同期なのね。しかし、ますます記憶があやあやになった気が……。ちなみに十一番めの中沢初絵は、山咲トオルの実姉。そうそう、ネットといえば、「村上ファンドの村上世彰氏は欽ちゃんに似ている」という声があちこちからあがっているのを見てホッとした。いや、そう感じているのはオレだけなのかと思っていたから。ちなみに似てるのは「良い子悪い子普通の子」をやってたころの欽ちゃんね。
 本日も朝から夕方まで出仕事。一〇〇均ショップでこまごまとした買物をすませてから食事をし、六時ころに帰宅。なんやかや雑用をこなしたあと、九時から原稿書き。『ココリコミラクルタイプ』のスペシャル版(ゲスト芸人の実話コント特集)を観ながら。しかし今日のはきわだってつまんなんなぁ。「おもしろい」ことを生業とする連中の体験談をコントにすると、どうしてこんなに「おもしろくなくなる」んだろう? やっぱりミラクルのネタは市井からひろってくるのが一番なり、と結論づけ。原稿書き、十一時まで。その後、読書。とぎれとぎれの日記本。もう一〇時間以上も読んでいるが、いまだ1/5にも達しない。おトク感満点である。それにしても内容が濃い! 果汁八〇〇%のジュースをのんでる感じ。零時頃就寝。意識して睡眠時間をふやしたおかげで体力はだいぶ取り戻したが、今度は気力がちょっとなぁ、オレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/13(木) 21:32:16|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<キノコと収穫ゼロ | ホーム | 国政危機とテレビのハズレ日>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/184-c6867885
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。