本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

動く猫と打合せ

10月15日(土)

 適当な時刻に起床。昨日の天気予報では今日こそ一日雨といわれていたが、まだ降ってはいない。本日は夕方、漫画家の里見満くんと『バディ』の新連載に関する打合せがあるので、それまでに初回分のパイロット原稿をラフ組みしておかねばならない。なので起きてすぐにパソコンに向かう。食事も仕事をやりながら摂る。マジメだねぇ我ながら。とりあえず上がったものをプリントアウトし、四時外出。降ってはいないが、いつ降っても不思議のない高湿度な空気のなか新宿二丁目方面へ。早めについたので厚生年金会館横のブックオフを覗く。『男の粋!褌ものがたり』(越中文俊著・心交社)というマニアックな本を購入。その後、仲通りをぶらつくと、無数のネコがとぐろをまく二丁目にあって“最強”の呼び声の高い一九八三年生まれの猫「まおちゃん」が、めずらしく起きて動いてた。ふだんは飼い主の経営する果物屋の店先で日がな一日香箱をつくっており、そばには「起こさないでください」という札がたてられているのだが。それにしても長生きだなぁ。人間でいうといったいいくつなんだろうか。あまりに長命なので、ひょっとしたら影武者なのではないか? という噂もとんでいるくらいである(オレの周囲のみ)。里見くんから「ちょっと遅れます」との連絡がはいったので、新宿通りのあおい書店で暇をつぶすことに。漫画コーナーにいると、「あっ、あったあった」と声をあげながら『きょうの猫村さん』(ほしよりこ著・マガジンハウス)にかけよる中年男性客が。よく見ると、某有名イラストレーターの方であった。一二〇%まちがいない! とは言いきれないので名前はふせるが、たぶんそう。あの方もこの界隈の住人だし。じつはあおい書店は有名人遭遇率が意外とたかい店なのである。
 そろそろ待合せ場所であるBYGSビルへむかおうと店をでる。ビルの正面玄関にさしかかったとき、うしろから「狩人さん」とよびかけてくる人あり。里見くんであった。まさにグッドタイミング。そのまま靖国通りのベローチェへ。打合せ自体はさほど時間はかからないが、そこから派生した新しい仕事の計画(実現したらかなりおもしろいものになりそう)、現在の業界についての四方山話、作家としての心構え(&意図的に完全休業日を設けるようにしないと、長い目でみると非効率的だという話も)などなど、多岐にわたるトークをだらだらと。途中、里見くんが旧知の間柄であるカリスマドラァグクィーンのエスムラルダ氏を店内でみかけ、挨拶にいく一幕などもはさみつつ、なんと一〇時半までお茶一杯で居座りつづける。メシでも行きますかと話し、店を出ると、外はものすごい土砂降り。織りたたみ傘に二人ではいり、近所のめしや丼へ。十一時、地下鉄御苑前駅まで里見くんを送ったあと、徒歩で帰途に。半頃帰宅。入浴後、パソコンを起ち上げると「サトミ」という名のネカマからサクラ援交メールが。里見くんと逢った直後にサトミからメール。シンクロニシティか? ちょろっと読書したあと、一時頃就寝。昨今の雨のスコール化は、なんとか食い止められないもんかなぁと考えるオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/17(月) 23:39:55|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<地震と健全な時代 | ホーム | 遠征と豊漁>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/187-ebfeeb69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。