本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

肉体労働と渋谷

10月19日(水)

 からだを休めるため、あえてゆっくり目の起床。起きてすぐ、会員制サイト用漫画の原作の仕上げにとりかかる。一〇時前に完成し、ソルボンヌK子先生に送信。ネットをのぞくと、以前からオレが注目していたミニ出版社「フリースタイル」の公式サイト(http://www.webfreestyle.com/)にこんな告知文が載っていた。
【メールマガジンにも書いたのですが、下北沢のリアル店「ショップ・フリースタイル」 を今月いっぱいで閉店することにしました。理由は、いくつかあるのですが、平たく言うと、こちらが考えたほど、売上が伸びなかったということです。有難いことに、閉店を惜しんでくれるひともいますが こういうわけです。短い間でしたが、ものを直接売る、というのはいい経験になりました。応援してくださった方々に、この場を借りて御礼申し上げます。】
 同店は同社のアンテナショップとしてつい先ごろオープンしたばかりなのだが、もう閉店とは残念である。……な?んてもっともらしいこと書いてるが、残念とか惜しいとかホザくんであればちょくちょく足をはこんで売上に協力すればいいのだ(今日現在、まだ未来店)。支えることもしくさらないで、なくなると聞くや「もったいないですよ」「もっと続けてくださいよ」みたいなことを臆面もなく口にできる恥知らずは舌かんで死ね! と思う(オレも含めて)。先日来、mixiのなかで、元『にじ書房』の社主・永易至文氏が会社をたたむにあたり、発行していた雑誌『にじ』(社会的な切り口からこれからのゲイの在り方を問うた異色ゲイマガジン。オレも寄稿してます)の在庫を「送料のみご負担してくだされば揃いを無料で進呈します」と告知していたのだが、それについても同じようなことを感じた。「欲しいです」とレスをつけた人間(けっこういる)のなかには、もちろん「自分のぶんはきちんと代価を支払って買っていたが、他人にすすめたりするためにもうひと組ほしい」という人もいるのだろうが、しかし「タダのモンなら、ぜひちょーだい」的なやつも少なからずいるのでは? と思う。前にも書いたが、文化というのは峰不二子みたいなもので、養っていくのにはとにかくハンパじゃないオゼゼがかかるのだ。さもしい乞食根性の持ち主ばかりになったら、文化はついえます。呑み代やジム代・クラブ代・ハッテン代にしか財布のひもをゆるめないようでは、いつまでたってもゲイの知的水準なんざ向上せんぜ!? 話がちょっと脱線したが、フリースタイルは物販店としては閉じるが、ギャラリーとして再出発するという。注目されたし。てゆうかオレも閉店までには一度行きたい。
 丸正へ食糧調達へ出たあと、『バディ』連載の最終回用原稿をかくための資料さがし。が、これがハンパでなく大変な作業。数冊の雑誌を見つけるためには、家じゅうの本棚をひっくりかえさねばならぬ。けっきょく大そうじ並の規模でとんでもない肉体労働を開始することに。三時間ほどしてようやく三冊の資料を発見。プラス、先日来さがしていた『暮しの手帖』も見つかる。これは予想外のご褒美。見つかったのはいいが、今度はひっくり返したものをふたたび収納しなくてはならぬ。やれやれ。と、ケータイを見れば『薔薇族』編集S-1氏から「櫻田氏との打合せをこれから渋谷でやります」とのメールがはいっていたので、あわてて身支度をととのえ、五時半、外出。渋谷駅近くの喫茶店で二人と合流。グラビアの詳細にくわえ、今後の編集方針や企画などについて八時ころまで話す。京王線で帰るという櫻田くんと駅前でわかれ、JRで帰途に。車中、ちょっとおもしろいプランをS-1氏から聞き、「それは市場の動向を把握するうえで有意義な企画だからやるべきでしょう」とハッパをかける。新宿駅でわかれ、八時半帰宅。夕食のしたくをしていると、なにやら視界がゆら?り、ゆらりと左右にゆれだす。「すわ、メニエール病にでもなったか!?」と一瞬アセるが、どうやら地震であった模様。しかし、こうたびたび見舞われると、地震にたいする警戒心はホントゆるむね。よくない傾向である。九時すぎ入浴。メールをチェックすると、K子センセイからのものが。朝がた送った原作を気に入っていただけたようで何よりである。肉体を酷使したせいか仕事する気力がわかず、「本をよむのもシゴトのうち!」と自分に言い訳しつつ読書。零時頃まで。十一時台に格上げになった『オーラの泉』の初回を「ウサンくせぇなぁ」と思いながら観たあと(美輪氏は中学生の頃からファンであり、伝説のシャンソン喫茶「銀巴里」にも通っていたオレだが、それとこれとは話がべつ。たとえ尊敬している人の言であっても、なにもかも鵜呑みにするほど愚かではない)、就寝。山のような本、なんとかせんとなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/20(木) 20:38:55|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<メガネと出世したシャケ弁 | ホーム | 少女漫画と父兄参観>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/191-d0306da6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。