本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

古本屋ツアーと広川太一郎

10月21日(金)

 まぁまぁの時刻に起床。今日はほんとうなら神田神保町へ出かけるはずだったのだが、同行者が風邪をひいてしまったせいで順延に。しかし「古本屋まわりたいモード」にスイッチがはいってしまっているので、我慢できず別のルートをまわることに。天気がわるけりゃあきらめるのだが、なまじっか秋晴れなもんだから辛抱たまらんのよ。先週、阿佐ヶ谷から西荻窪までをまわったので、きょうはその逆、三鷹から西荻までの古本屋をめぐることに(東京の土地カンのない方、わかりにくくてスンマセンね)。一〇時出発。三鷹で四軒、吉祥寺で六軒、西荻で二軒、と数はたいしたことがない(収穫もリュックに半分くらい)が、店と店の間隔がはなれている(とくに三鷹エリア!)ので運動量的には前回をはるかにうわまわる。かなり足がつかれました。が、充実度は満点。前回同様、西萩駅前のてんやで食事して、四時帰宅。入浴後、仕事を……と思ったのだが疲れているのと、戦利品を早くよみたいのとで、けっきょくサボり。夜、金曜ロードショーで『キャスバー』を途中からみるが、小悪党役の広川太一郎(人間国宝級アドリブ声優)の機関銃トークの勢いが全盛期の一割五分程度におさえられてしまっていることにちょっと不安をいだく。広川御大ならば本来、たとえば二秒程度のすきまがあれば「こっぱミジンコ金魚のフンよツンツン」くらいのセリフをおしこむはずなのに。一瞬、御大にそっくりな声の別人なのかと思ってしまったくらいであった。零時頃まで読書。そして就寝よツンツン。御大ったらどうしちゃったりなんかしちゃったりしてんのかしらねぇと心配になっちゃうったらなっちゃうじゃないのよオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/24(月) 20:09:05|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<アンチヒゲ坊主集会とまだ止まない『メゾン・ド・ヒミコ』是非論 | ホーム | メガネと出世したシャケ弁>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/193-a926c220
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。