本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

商売熱心とカミングアウト

11月4日(金)

 早めの起床。夜のうちに新たに送られてきていた原稿をレイアウトして『薔薇族』へ送信。その後、身支度をして九時半外出。郵便局に立ち寄ってから徒歩で10時、新宿西口スバルビル前着。本日は櫻田宗久くんの撮影の立ち会いなり。今回は櫻田くんの知り合いのスタイリスト氏も動員し、なかなか大がかりな感じである。モデルくんは「キレイ」というより「カワイイ」、親しみのわくタイプ(たとえて言うなら遠藤雅とか中上雅己とか)。ひどく緊張しているとのこと。一時間半くらいしか寝ていないということで、ひどく眠そう。クルマで都下の大きな公園へ移動。ここは以前、櫻田くんが別誌の撮影でつかったところだというが、なかなかのロケーション。撮り方ひとつで日本とは思えないような画になると思われ期待大。ぶじに野外撮影をすませて一時すぎ、新宿へもどる。昼食は西新宿の焼き鳥屋のランチ。なのだがいかんせん薄暗い間接照明の店内のため、料理の色すら判然としない。味はまぁまぁなのだが、色がよくわからないのでイマイチ旨さを実感できず。人間は視角でも味わっているのだなぁ、ということを実感。二時をすぎたのでホテルへチェックイン。高層階のオシャレな部屋でヌード撮り。五時頃、撮影終了。その後、ビール片手にマッタリと。モデルくんと仕事話などいろいろ。なかなか商売熱心なコで感心。六時四〇分辞去。七時帰宅。入浴後、メールチェック。ネットニュースにこんなものが。
【前健ゲイ告白………………松浦亜弥の物まねなどで人気のタレントの前田健(34)が3日、都内の書店で著書「前田健の恋キャラ診断」の出版記念サイン会を行った。女性医師風の衣装で登場した前田は「僕はゲイなので男性に恋する」と同性愛者をカミングアウト。「カンニングの竹山くんが好き。来年の春に結婚という話もあるので、愛人になる覚悟はできている」と意気込んだ。同書は恋愛の勝ち組になるための指南書。10年かけて完成させたという前田は「恋の達人になっていただきたい」と呼びかけた。】
 以前、『バディ』の“お笑い芸人特集”の記事を執筆したとき、モノホンかニセモンか曖昧な芸風の〈グレーゾーン系〉に分類したら、編集部の斎藤氏から「いえ、彼は深夜番組でひそかにカミングアウトしてる本物ですから」と言われてしまったマエケンだが、ついにこんな大々的な宣言をしちゃったのであるか。しかしなかなか好感がもてると思う(いま現在カミングアウトしているタレントの中では一番好きかもね)。「太く短く」「水面下ではすでに別の展開を考えてますから」などとインタビューで答え、“ゲイキャラがスタれる前に荒稼ぎ”と公言してしまっている(それはウルトラマンが子どもの前で背中のジッパーをおろしてみせるような行為である)レイザーラモン住谷なんぞを持ち上げてる暇があったら、もっとマエケンをフィーチャーすればいいのに。結局、ゲイという人種は「自分の性的嗜好にそぐっているか否かで他者の評価を決定する」のかね。それがたとえ自分たちを金もうけの道具としか考えていないような相手(しかもたいした芸がなくても)であっても「イケるタイプであればオッケー」てなことになってしまうのであろうか。もしもそうだとしたら、かなりお寒い状況である。どーでもいいけど記事中の「同性愛者をカミングアウト」という部分は日本語としておかしいぞ。
 資料などに目を通したり、読書したりするうちにやたらと眠くなり、十一時就寝。マエケンのこれからに注目ですオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/07(月) 19:37:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ウォーキングと橋口亮輔 | ホーム | 合コンとラスト校正>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/207-00998c61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。