本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ヘタレと新連載レイアウト

11月29日(火)

 定刻起床。朝ワイドの芸能ニュースにこんなものが。
【“大暴走”HGに小池大臣が失笑………………お笑いタレントのレイザーラモンHG(29)が、小学館の「第18回DIMEトレンド大賞」で「話題の人物賞」を受賞し、28日に都内のホテルで行われた表彰式に出席した。「特別賞」のクールビズの受賞者として来場した小池百合子環境相と初対面したが、失笑する小池氏にたじたじ。結局、異色の2ショットは実現しなかった。プロレスデビュー戦の「ハッスルマニア」ではインリン様に勝ったHGも、マドンナ大臣には“完敗”した。小池氏が受賞のあいさつをした直後に「こんばんは?ハードゲイで?す」といつもどおりのテンションで登場。「場違いフォー!」と雄叫びを上げ、パンツの中から招待状を取り出すなど大暴走を繰り広げたが、“HG節”はそこまで。HGの芸(ゲイ)風にあっけにとられ、失笑する小池氏の様子に気づいたのか緊張の表情。小池氏との2ショットや握手を求めるカメラマンの声にも「それをやったらいろんな人のクビが飛ぶから…」と弱気で、結局、異色の2ショットは実現しないまま、式は終了した。その後会見したHGは「この人には絡んじゃいけないという雰囲気がびんびんに出ていた。普段は空気を読めないキャラクターだけど、きょうは初めて空気を読みました」とたじたじ。「壇上でちょっとニコリとしてくれたので、嫌いじゃないと思うんだけど…」と自信なさげに話した。クールビズに続き、冬に向けてウォームビスを提唱している小池氏だが、「HGはどういう格好をしたらいい?」という質問には「あの人自身が熱いからもういいんじゃないですか?」と突き放すようなコメント。HGは「正直寒いけど、冬もこのままいくしかない」と宣言していた。】
 一言、「ヘタレ」とだけいっておこう。社会的にろくな力を持たぬ階層ならば“メシのタネ”としてトコトン蹂躙できるが、そうでない相手に対しては打って変わったこのていたらくぶり。どこまでハンパ者なのか。そもそもウソでも「ゲイ」なんぞと名乗るのならば、実際にヤリ部屋でゆきずりの男たちからホラれまくるぐらいのことをしてみなさい。それくらいの“役作り”をする覚悟があるのなら、ノンケがゲイを騙り、あさはかな模倣芸(モーホー・ゲイに非ず)で小金を稼ぐこともまぁオレは許そう。それはさておき小池はどこへ行っても誰に対しても態度がでけぇなぁ。ナニサマだ?
 本日も朝から夕方まで出仕事。コンビニで『週刊女性』をめくると、杉村タイゾーくん関連の記事のなかに「ヌード写真集を企画している出版社も!」とあって苦笑。どんな層を見込んでの企画なんだろう? それと、オレもハマっているオトボケ漫画『きょうの猫村さん』(ほしよりこ著・マガジンハウス)が並んでいたのにビックリ。税別一二〇〇円もする、昨今のコンビニで主流の廉価本の対極にあるようなシロモノなのに。午後、ネットでこんな緊急ニュース。
【故山村美紗さんの長女・紅葉さん、ロケ中に殴られ軽傷………………29日午前9時50分ごろ、京都市伏見区御香宮門前町の御香宮神社本殿で、テレビ番組を収録中の女優山村紅葉(もみじ)さん(45)が、30歳代の男にいきなり殴られた。男はスタッフに取り押さえられ、110番で駆けつけた伏見署員が暴行の現行犯で逮捕した。山村さんは軽いけが。犯行時、男は「御香宮で何をしている」などと叫んでいたが、調べに対し黙秘しているという。山村さんはミステリー作家の故山村美紗さんの長女で、美紗さんの作品を中心に多くの2時間ドラマに出演している。】
 自他ともに認める紅葉ファンであるオレとしては気になるところ。とりあえず明日のワイドショーは要チェックだ! 五時半、高田馬場。古本屋を数軒まわって資料(これは来年出そうと思っている単行本のためのもの)をあさったあと、『てんや』の天ぷら定食を食って八時前に帰宅。『バディ』編集部から、影坂狩人名義の新連載(今月下旬発売号からスタート。みんな、買って読みなさい)のレイアウトサンプルがFAXされてきていた。なかなか趣向を凝らした斬新なレイアウト(前連載『ヘテロッチ』とはまったく異なる)で、デザイナー氏の心意気が感じられた。さて、これで完全に“一文字カルト”という書き手はいなくなったわけである。入浴後、資料をチェック。それと、知人の書物系ライター・南陀楼綾繁(なんだろう・あやしげ)氏がオモテ仕事として12月刊行予定で編集しておられる『ブックカフェものがたり』(幻戯書房)のモニター募集にも応募。“十五名限定”で現物を読んで書評をし、自身のサイト等で発表してくれる一般人を募っているものなのだが、エントリーしようかすまいかちょっと迷っていた。世間には“読書家”を自認する人間がゴマンとおるのに、オレ程度の浅い本読みなんかがしゃしゃり出ていいものか? と思ったのだ。しかしどうしてもやってみたく、思いきって応募してみた。まぁ、締切り間近なんですでに定員に達してしまっている可能性も大なのだが……。十一時半ころ就寝。なんとか末席に加えてもらえると嬉しいなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/01(木) 19:06:21|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<泣きキャラと大丈夫だ傷は浅いゾ! | ホーム | 天才と“超”人外魔境>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/232-b9c89749
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。