本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

感無量とイキのいいヤツ

12月2日(金)

 昨日は大事なひと仕事を成し遂げたので今朝は自分へのご褒美としてゆっくり起きようと思っていたのに、七時前に目が醒めてしまった。なので二度寝。八時半に起床。ネットニュースでこんなものをみた。
【早世アイドル高橋良明の弟デビュー……89年にわずか16歳で事故死したアイドル、高橋良明さんの実弟でインディーズで音楽活動をしている高橋知秀(30)が、兄のデビュー曲「天使の反乱」を初めてカバーすることになった。これまでは「兄貴を超えなければ」という思いからカバーすることを避けてきたが、今年十七回忌を迎え「天国の兄貴に精いっぱい生きている自分を見せたい」と決意。今月4日にベルウッドレコードから発売するアルバム「希望の歌」にボーナストラックとして収録、本格的に歌手活動を始動させることになった。良明さんは12歳でデビュー。85年学園ドラマ「うちの子にかぎって2」で脚光を浴び、87年「オヨビでない奴!」で主演してトップアイドルに仲間入り。89年1月、川崎市内でバイク事故を起こし、帰らぬ人となった。】
 写真をみたが、兄貴をどことなく彷佛とさせる面だちである。高橋良明、生きていればもう三十二にもなるのかぁ。無免許でのバイク運転で事故をおこして昏睡状態におちいった彼は、未成年であったため週刊誌も実名が書けず、“大河ドラマ出演中の少年俳優A”とお茶をにごしていたっけ。追悼アルバムは今も実家に置いてあるなぁ……。
 正午外出。本日は唐沢俊一氏の“古本トーク”の動画収録(会員制ネット“naviGAYtor”のためのもの。http://www.navigaytor.jp/)のために渋谷の仕事場へお邪魔するのである。しかしその前に原宿で下車し、明治通りのブックオフへ。ここは同店でも国内最大規模で、とにかく広い。で、場所柄かデザイン系や写真集系の品揃えが充実しているのだ。本日も、ちょっと前に出たが高いので古本落ちを待っていた某写真集をゲット! ほかに文庫などをいくつか買ってホクホク顔で外へ。ケータイに唐沢氏から着信。前の仕事が押しているので収録を一時間ズラしてほしい、とのこと。むしろラッキー、という感じで渋谷界隈の本屋をまわることに。某古書店が開店時間をはるかにすぎているのに閉まったままなのを気にしつつ、数店巡回。パルコ地下の洋書屋ロゴスでおもしろい写真集を見つけるも一万円なので購入はせず。三時、唐沢氏の仕事場へ。今日は荷物の片づけのためにご母堂様がいらしていたが、氏のコラムや日記でお馴染みの方と思いがけずお逢いできて感激である。 まさに“チャキチャキの江戸っ子”という感じのご婦人で、「ごめんなさいね?、こんなゴミ屋敷で」とユーモアたっぷりにお迎えいただく。「いや、このヒトのところも似たようなもんだから」と唐沢氏はおっしゃったが、いいえ先生、現時点での我が家は“ゴミ屋敷”を凌駕する“ハイパーゴミ屋敷”なんです(泣)。収録はつつがなく終わり、またココでは書けないような興味深いお話もうかがえて一唐沢ファンとしても大満足。そのうえ来春をめざしている処女出版計画にも協力を申し出てくださり感無量であった。
 四時すぎ帰宅。原稿関連の雑用をいくつかこなしたあと六時、再度外出。二丁目方面へ。今夜は先日の下関マグロ氏主催の合コンで知り合った(というか『薔薇族』のカバーボーイとしてスカウトした)美青年デザイナーのTくん(ノンケ)と今後の仕事の打ち合わせがてら呑む予定なんである。当初は七時待ち合わせの予定だったのだが、撮影がちょっと押しているとのことでやや後倒し。なので古本屋をまわることに(今日はこのパターンが続くなぁ)。七時四〇分、Tくん到着。まずはお馴染み御苑前駅そばの『和民』で食事を兼ねて呑む。そのあと彼の行きつけのゲイバー(Tくんはずっとこの近所に住んでいたこともあり、下手すりゃオレよかニチョに詳しい)へむかったのだが、途中、すれちがった男性から肩をポンと叩かれる。びっくりして見れば某知人。「……がんばって」と小声でエールを送られるが、いやいや、そーゆー間柄ではないんですってば! しかしこんな“月9”みたいなシチュエーションって現実にあるんだねぇ……とひとり苦笑。二軒目の店はこじんまりとした気のおけないところでなかなか結構。一時半すぎまで長居したうえ、御馳走までしてもらって恐縮しきり。そのあと三丁目のショットバーへ河岸を移し、さらに話し込む。Tくんはどこまでも“まっすぐ”で“熱く”、そして快い“青さ”をもった男なのであった(喋り方は長瀬智也チック)。こういう良い意味で“バカ”になれる若者というのは逢っていて気持ちがいいねぇ。出版企画をいくつか語ったりしたが、なんとかモノにしたいと思う。てゆうか、しなくては! いや、絶対に、する!!
 伊勢丹前で、四谷の友人宅へ行くというTくんと別れ、徒歩で帰途に。三時すぎに帰宅。イソジンできっちりうがいしたあと就寝。あ! うがいはしたけど歯は磨き忘れたなぁ……ま、いいかオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/03(土) 12:45:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<便利で不便な体質と弁明日記 | ホーム | くっだらねぇニュースと出身校コミュ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/235-d707195f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。