本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

髪切りとイチロー

1月4日(水)

 七時すぎに起床。すぐ仕事。ひと段落して一〇時すぎ、駅前の髪切り屋へ。半すぎに戻ってまた原稿書き。録画しておいた『里見八犬伝』の後半をみるが、玉梓の怨念が伏姫の愛の力で浄化される……という展開にドッと脱力感。やはりダメだ、このドラマ。昨今の悪しき風潮だが、世の中はなんでもかんでも許しゃイイってもんじゃなかろう。おなじ原作を大幅アレンジしたものでも、深作欣二×鎌田敏夫による角川映画版は面白かったなぁ。特にバケモノたち(夏木マリ、汐路章、ヨネヤマママコetc.)が主役以上に個性的かつ魅力的で“活動写真”的ケレン味がおおいに感じられた。余談であるが江戸川乱歩の『黒蜥蜴』も幾度となくドラマ化されているが、鑑賞に足るものはほとんどなかった。どれもバカが余計なアレンジなんかするもんだから、原作のもつ魅力(三島由紀夫を魅了し、戯曲化をさせたほどの)が見事なまでに損なわれている。バカは名作に手を触れんなよなバーカ! と言いたい。
 一時ごろ、昨日食べなかった弁当を食う。そのあとまた原稿書き。テレビはTBSが社運をかけた(?)大型アトラクション番組『DOORS』の再放送。司会のジャストミート福澤が「一流芸能人のみがくぐることを許された扉!」とか大仰なこと言ってるけれど、そのわりに藤重政孝とか出てんだけどね。番組自体は凡百なものだが、説明役としてテスト参戦した安住アナが、撹乱してくる福澤に「うるさい黙れココはTBSだ」と毒づく場面は愉快だったネ。五時からはMXテレビ『5時に夢中!』。コメンテーターのマツコデラックスの「ここ最近のみのもんたは腰が痛いせいか、やたらと荒れまくっていた」との指摘に、“ああ、あの異常なテンションはそれによるものだったのか”と納得す。『バディ』編集部から“ショーアップ昭和!!”のゲラFAXが届いていたので朱をいれて返信。夕食、入浴のあと、また仕事。アリナミンをのんだせいか今日は頭痛もおこらず、至極好調。テレビはイチローが犯人役を演ずることで話題の『古畑任三郎SP』。想像していたよりも達者な芝居で、坂東英二・長嶋一茂につづく第三の“野球選手上がりの演技者”の誕生を予感する(すんなよ、そんなモン!)。それにしてもイチローに芝居をさせようなんてこと、いったい誰が言い出したのかね? 明日からはまた出仕事がはじまるのでまだまだ原稿を書き続けたいのだが零時近くには就寝。アリナミンはよく効くなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/05(木) 19:52:54|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<松尾スズキと猫目小僧 | ホーム | DVDとドラマ不満>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/270-02f95958
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。