本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

押尾チャンと初タックスノット

1月7日(土)

 七時半起床。すぐにパソコン起ち上げる。ネットにこんなニュース。
【押尾、格闘家で生き残り!? 入魂タトゥーも………………暮れに女優、矢田亜希子とハワイに“婚前旅行”した俳優、押尾学(27)。その衝撃的なアツアツ姿を今週発売の女性セブン誌がキャッチした。プールサイドで矢田にローションを塗ってもらう押尾の背中には、女性の体に羽がはえた図柄、腕から肩口と腰にも唐草模様のようなタトゥーが。「ローションを塗っても落ちてないようですから、これは本物でしょう。肘の近くまであると撮影でも分かりますが、今まで見たことがないので比較的最近入れたのでは?」(テレビ誌記者)芸能リポーターは、こう解説する。「周囲にマスコミがいるのが分かった上での披露。『俺は芸能界でなくても生きていけるよ』というサインです。押尾は17歳のときに暴走族の関東連合にいたと公言していますし、矢田もそういうのがかっこいいと思うタイプですからウマが合う。ただ、入れ墨があっては押尾が今後俳優業に復活してもテレビ界は二の足を踏むでしょう」そんな窮地の押尾にビックリ仰天の活路が浮上している。「今年年末のK?1参戦です。昨年は俳優、金子賢(29)がPRIDEに出場して話題になりましたが、押尾にはボブ・サップと対戦という噂があります」(先のリポーター)押尾自身、「ボブ・サップだかナップザックだか知らないけど、マジ勝負なら俺の方が強い…」と対戦をにおわす発言もしているという。さらに、「押尾は米国でキックボクシングの経験があり、体格(体重80キロ)は金子以上(同73キロ)。ボビー・オロゴンのように相手次第では勝てる」(格闘技雑誌デスク)という指摘もある。俳優から歌手、そして格闘家……。どんな形でも矢田ちゃんを守り通してもらいたいものだ。】
 年頭の大型ハンパドラマ『里見八犬伝』を最後に俳優業から足を洗った押尾チャン。“稀代のスケコマシ”としてあがめる者も多いが、どんな形であれ、イカす姿をさらしつづけてほしいものである。しかし「ボブ・サップだかナップザックだか知らないけど」というギャグは面白くないよ。
 五時、外出。買物などをして六時、新宿二丁目“あおい書店”にておぐ氏と待ち合わせ。新宿御苑前の居酒屋“和民”で仕事の打ち合わせを兼ねた会食。九時すぎ、三丁目のバー“タックスノット”へ移動。今年初の来店なので、マスターのタック氏に年始の挨拶など。土曜だけあってかなりの混みようであったが零時半近くまで。JR駅前でおぐ氏と別れて徒歩で一時頃帰宅。めんどくさいのでそのまま就寝。たまには息抜きしないとイカンのですよオレも。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/10(火) 19:25:55|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<スペルマンと膝栗毛 | ホーム | キム兄やんとオタク補習>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/273-d6b737d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。