本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マギー・ミネンコと春菊氏

1月13日(金)

 七時半起床。今日は13日の金曜日。ワイドショーは、のきなみこの話題。
【押尾&矢田“婚前旅行”から帰国 矢田が鉄柱に激突 報道陣に“八つ当たり”………………昨年末から米ハワイとロサンゼルスを旅行中だった歌手・押尾学(27)と交際中の女優・矢田亜希子がそろって12日夕、成田着の日航機で帰国した。12月19日の出発時と同様に手を固く握り合い、左手薬指にはペアリングがキラリ。2人は出迎えた関係者に笑顔を見せたものの、50人以上であふれかえった報道陣を見ると一変して険しい顔に。押尾はサングラスをかけてパーカーをかぶり、表情を見られたくないといった様子。「旅行は楽しかった?」「結婚は?」矢継ぎ早に質問が飛んだが、不機嫌そうにガムをくちゃくちゃかみながら、ノーコメントを貫いた。サテライトでは、うつむいて歩いていた矢田が鉄柱に頭をぶつけるハプニングが。矢田の手を引いていた押尾は、「おい! 気をつけろよ!」と勘違いして報道陣に“八つ当たり”する一幕も。仏頂面のまま要人出口へと進み、足早に空港を後にした。】
 往年の人気混血タレント、マギー・ミネンコのヒット曲『燃えろブンブン』の歌詞に「私のカレシは変人 街の嫌われもの だけど 私に優しきゃ文句はないさ」というようなくだりがあったが、あの二人を見てたらフトそれが思い出された。しかしマスコミがいかに押尾に怒り、悪意をもって書いたかがよくわかる見出しであるなぁ。
 九時すぎ、郵便局を経由して新宿西口ヨドバシカメラへ。近々行なうさまざまな方との対談を収録するためのカセットレコーダー(ICレコーダーは持っているが、起こしをヒトに頼むので、相手の一番やりやすい方式にするのだ)を購入するためである。どうせならラジオもついてるほうがいいや、とラジカセタイプのものを選ぶ。あわせて生テープも購入するが、よく考えたらカセットテープを買うのなんて一〇数年ぶりである。スーパーで食糧を調達し、十一時前に帰宅。菓子パンをふたつ押し込んでから仕事。会員制Web用原稿。二時すぎまでやって一段落ついたので、小休止がてら雑用。モヤシ山盛りラーメンで夕食後、入浴。そして原稿書き。今度は自著用。八時からは唐沢俊一氏のラジオ 『ブジオ!』。ゲストは櫻田宗久くんの「お友達」である内田春菊氏。聴いていて驚いたのは、春菊氏のかもしだすムードが(口調なども含めて)櫻田くんと酷似しているところ! 櫻田くんの素の喋りを知ってる人にしかピンとこない話で恐縮なのだが、この二人って源流の部分が同じなのかも知れない……とひとり納得す。ちなみにこの番組では毎回ゲストが持参する曲をかけるのだが、かかったのが櫻田くんがバリバリのゲーノージンだったときに唄った『純情ハートブレイク』。友人の曲がラジオから流れてくる、という感覚は、なんとも妙なものなのであった。
 伊藤文学氏に電話してから、また仕事。自著用原稿書き、なにやら勢いがついてしまい、まったく疲れず眠くもならない。麻薬Gメンとかに見られたら誤解されそうな状態のまま、あっという間に二時すぎ。後ろ髪ひかれながらも体調を考えて就寝。春菊氏・宗久くんのような「ゆったりとした喋り」などは死んでもできなさそうな、空白恐怖症なオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/16(月) 18:45:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ウルトラQと打ち合わせ | ホーム | 不毛なドーピングとおためごかし>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/279-ff4dd635
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。