本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ドラえもんとエイジング

2月19日(日)

 八時起床。録画しておいた新番組『轟轟戦隊ボウケンジャー』を観るも、そこから『ゴーゴーファイブ』や『ガオレンジャー』のときと同じような匂いを感じてしまう。要するに「ハマれなさそう」ということ。せっかく『デカレンジャー』『マジレンジャー』と二年つづけて楽しめるものが続いたのになぁ、とちょっと落胆。雑用のあと、炊きたてのご飯に寿司酢をまぜたものに缶詰めのツナをのっけて簡易ドンブリをつくって朝食。一〇時から仕事。連絡メールをあちこちに出したり、郵便発送物をいくつか作ったり。
 昨日、おとといの激務のせいか、いささか頭痛をおぼえるので二時すぎ、ちょっと横になる。ウトウトしつつ、藤子.F.不二雄特番を観る。新生ドラえもんの映画第一作『のび太の恐竜2006』のPR番組なのだが、まぁトキワ荘マニアとしてはチェックしておかねば、ね。「いつみても波乱万丈」風な再現ドラマが流れるのだが、そこに登場する藤子アニメ「オバQ」「ウメ星殿下」などが当時のオリジナルではなくシンエイ動画製作のリメイク版なのが不服である(局が違うから使えないのか?)。そして「21エモン」が、せっかくテレビシリーズがあるのに、流したのがどうして劇場版の「宇宙へいらっしゃい」なのか? ……って、一般人にはさっぱりわからない疑問点を並べてしまったな、失敬。ウトウトついでに『R-1グランプリ』もちらりと。さすがにし烈な予選を勝ち抜いてきた面々だけにハイレベル。友近ですら上位にはなれなかった。
 六時、バファリン服んで外出。途中、前々から気になっていた新宿駅近くのとんかつ屋にはいる。四九〇円也のとんかつ定食を頼むが、肉もけっこう厚いし、キャベツもけっこう添えられている。そして衣もけっこうサクサク。この値段でこの質・量ならばまぁまぁなんでないの? 地下道を通って新宿二丁目コミュニティセンター「akta」へ。本日は「ゲイにとってのエイジング」というテーマでの勉強会。といってもオレ自身はエイジング(と、カタカナで言うことからしてすでに違和感があるのだが)とやらにはとんと関心がなく(加齢をべつに憂いもしなければ喜びもしない)、むしろ「エイジングというものにやたらと関心を抱く人々に関心がある」のだ。歳をとるのは当たり前のことなんだから、自然体で受け流せばいいだけなんじゃねぇの? という感じである。「時さえくれば死にましょう」という歌の文句があるが、そんな思い。案の定、参加者の中でもことさら気にかけているのはやっぱり大学関係者予備軍といった感じの方々が多く、なにやら耳なれぬカタカナ語が飛び出し、「エ、ソレッテドウイウ意味デスカ?」と無学なオレなどはなってしまう。トークゲストの方はモノホンの関係者なれど、なるたけ平易に、カタカナは最小限にしようとなさっていたふうであったが。あと、若者たちが口にする「ゲイ」というのは、二丁目族やゲイ雑誌の戦略にドップリはまっている連中のことであり、彼らが「ゲイ」とは想定(認識)していない同性愛者のほうがたぶん世間の大多数なんだろうと思う。まぁ、これは色んなところで話を聞くたびに感じさせられることなのだが。彼らの話を聞いていると、なんか「ゲイ=ヒゲ・短髪にしてジムとかクラブとかに通っている生き物」という印象を受けがちだが、そうじゃない人間のほうが殆どだと思うなぁ。二丁目に出入りしていたり、ゲイ雑誌の提唱するものをマトモに受け取ってしまう層は、たしかにそういった価値観に影響されているかもしれないが、そういう人たちはじつは少数派のような気がするぞ。いや、ホリエモンの三〇〇〇万円メールと同様、かくたる証拠はないが。
 話はちがうが、トークゲストの方と、じつはオレは八王子の老会で逢ったことがあるらしいのだが、すっかり失念しており(いつも書いているように、他人の顔と名前を憶える能力にいちじるしく欠けている男なのだ。おなじ人間に四回くらい「前にお会いしたことありましたよね」と言ってしまったことが……)、休憩時間に話しかけられてキョトンとしてしまった。「老会には毎回行かれてるんですか?」と訊かれてようやく「あぁ、そういえば……」と思い出したが、失礼しました(と、こんなトコであやまっても仕方ないのだが)。まだ知り合って間もない方、どうぞお声をかけてくださる際には「こないだは●●でお世話になりました」みたいなヒントをお願いいたします。オレの目がおよぎ、「あぁ、はい……」とか曖昧なこと言ってるときは、間違いなく、誰だかわからず困っているときなのです。
 終了後、知人とちょっと話したあと、一〇時帰宅。入浴後、メールをいくつか打ったあと、十一時すぎに就寝。二日ぶりに外出できてよかったなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/20(月) 19:35:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<予報適中とビックリ医者 | ホーム | マコ甘えてばかりとガチョ??ン>>

コメント

中年化ています

エイジングの会はでうでしたか?
僕自身は、今は、中年化ですね。じわじわ変化して
ます。カタカナでは、うまく言い切れない変化という感じ。
いろんな事情で出てこれない同性愛者の「エイジング」は
どこで語ればよいの?僕自身も、いまだに2丁目のバー
とか、個人的に敷居が高いわ。
  1. 2006/02/22(水) 19:33:51 |
  2. URL |
  3. JET #mkrWDmLM
  4. [ 編集]

エイジング、という

呼び方をしているうちは、まだまだ深刻感は希薄な感じですなぁ。しかしそれ自体はどうにもならぬことだし、附随してくる心配事というのも人それぞれ。だからオレは結局、そこをことさら気にする人々の心理のほうにしか関心が抱けないわけですよ、JETさま。
  1. 2006/02/22(水) 20:40:36 |
  2. URL |
  3. 影坂狩人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/318-eff2817d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。