本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

驚いたことと驚いてンじゃねぇよ!

3月4日(土)

 七時起床。ネットニュースにこんなもの。
【沢田雅美12年ぶり渡鬼復帰………………女優沢田雅美(56)が、12年ぶりにTBSドラマ「渡る世間は鬼ばかり」にレギュラー出演することが3日、分かった。泉ピン子(58)演じる五月をいじめる小姑・久子役として復活する。94年3月17日、沢田は突然、同ドラマから姿を消した。同せい中の俳優が、石井ふく子プロデューサーに暴言を吐いたことが原因と伝えられた。沢田も当時の雑誌の手記で「フー(石井)先生との関係よりも、彼との関係を大切にしたかった」と打ち明けていた。復活の理由は赤木春恵(81)のレギュラー降板だ。05年3月終了の前シリーズを最後に、赤木は「舞台を中心に活動したい」と宣言。ドラマは病気療養のため渡米した設定になっている。逆に久子が長期滞在した米国から帰国。すでにシリーズ終盤に沢田が出演するなど、同プロデューサーとの「雪解け」を感じさせていた。TBSでは「赤木さんは降板ではなく、1年続くシリーズ内でいずれ出演する予定」と説明している。】
 強烈な個性ゆえに『渡鬼』にずいぶん長期間出ていたように感じられる沢田だが、実際は一部・二部にしか出演していない。今回の復活は嬉しいところである。ちなみに当時、久子の息子・ノボルを演じていたのは子役時代の伊藤淳史。いっそ、あいつもレギュラー復帰すればいいのにな、電車男のキャラを流用して。で、そのことで久子が八つ当たりして、「五月さんがサ、母ちゃんを邪険にしてばっかいるからサ、うちの息子があんなオタクなんかになっちゃったんじゃないのヨ!」とかネチネチとピン子をいびるの(笑)。
 『王様のブランチ』を観ていたら松田哲夫氏のブックコーナーで、氏の新刊『「本」に恋して』(新潮社)の出版記念パーティの模様が流れ、同書のイラストを担当した内澤旬子さんがスピーチしているところが映ってビックリ。知人がテレビに出ている、というシチュエーションは、何度あじわっても驚きますなぁ。
 午前中は来週の持ち込みのためのプリントアウトをえんえんと。MXテレビ『談志・陣平の言いたい放談』などを観ながら。三時ごろ、一段落ついて小休止。少し横になる。夕方、起きだし、雑用などしてから入浴。と、櫻田宗久くんから連絡があり、このあと、先日撮ってもらった宣材写真の受け渡しなどをすることに。
 七時半外出。八時すぎ、新宿三丁目のバー「タックス・ノット」。写真をいただき、代わりに(?)対談のテープ起こし原稿をお渡しする。謝礼としてボトルを一本いれさせていただく。プロの写真家に撮ってもらい、あまつさえ対談までお願いしておいて「ギャラがボトル一本」というのは我ながらあまりにナメた話であるが、ここはまぁ友情プライスということで(今回はそんなのばっかだなぁ)。いずれオレが出世したら、そのときにまた改めて恩返ししますわ。十一時近くまで青臭い話などしながら(じつはそういうのがとても好きなのだ)呑んだあと、新宿通り近くの餃子屋へ移動し、メシ。櫻田くんが「狩人さんてさぁ。カレシとか作んないのぉ? 作んなよぉ」と言ったとたん、それまでカウンターで背を向けて食っていた男女が仰天した顔で振り返り、こちらをマジマジと見、目が合うとあわてて体制を戻した。おもしろいのでオレもわざと、「ん?、べつに作んないと決めてるわけじゃないんだけどさぁ」と大きな声で答える。ナマグサイ方向へエスカレートするにつれて、カウンターの二人の聞き耳がどんどん大きくなっていくのがわかって愉快々々。ていうか、住所表記「新宿二丁目」でホモがいたって、なんら珍しかねぇぞ。それは奈良公園に行って「あっ、鹿がいる!」と驚くようなもんである。「仲通りのホモ」と「奈良公園の鹿」は「いて当たり前」の存在なのだ。
 まだ呑んでいくという櫻田くんと別れ、零時すぎに帰宅。うがいと歯磨きのみして就寝。沢田雅美復活は『ありがとう』の頃から彼女を観てきた世代としては嬉しい限りなのですオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/06(月) 18:57:55|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<多様な性とグッドアイデア | ホーム | 息子対決とドクター・スミス>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/331-b65ffc6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。