本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

多様な性とグッドアイデア

3月5日(日)

 六時半起床。シャワーを浴びて、『轟轟戦隊ボウケンジャー』。今週初登場の第三のシンジケート「ダークシャドウ」は忍者の末裔という設定。その幹部として「風のシズカ」というくノ一がいるのだが、これが『ハリケンジャー』のフラビージョ(山本梓)を彷佛とさせる天然脱力系ギャル悪役。フラビージョ好きだったオレとしては、これでぐんと番組に対する点数がアップする。ちなみに演じている「山崎真実」という子は、番組HPによれば「書店にいけば、必ず目に入るくらい売れっ子のグラビアアイドル」らしい。ふーん。
 雑用をいくつかこなしてから十一時半、外出。高田馬場で古本屋を足早に覗いてから、一時ちょっと前に目白の学習院大学。全国規模のセクシャルマイノリティイベント「Rainbow Talk 2006」の東京大会を見見るのである。会場に着くと、本日のスピーカーである石坂わたるくんのパートナー、赤杉くんと鬼レズつっちーがロビーに。ちょっと話してから会場内へ。入ると……うわっ! だだっ広い教室は、人、人、人で埋まっていた。最終的には95%の入りになった(あとでスタッフに聞いたら、二二〇人ほども集まっていたらしい)。「同性婚」というテーマなのだが、やはり関心ある人が多いのだろうか。見知った顔が何人かいたが、オレはこういうところでは恥ずかしいので、あちらがこちらに気づいていない限り、声はかけないことにしている。「やぁ、●●さん」なんて言いながら場内を回遊……なんて社交界の花形みたいなマネはオレにはできません。お知り合いの皆様、べつにシカトしてたわけじゃないので平にご容赦を。
 それはさておき、今回のスピーカーのメンツはなかなかおもしろかった。ゲイのわたるくん、レズビアンの尾辻かな子大阪府議などのほか、男から女になって女性と交際している方、その逆に、女から男になって男性と交際している方なども壇上に上がられて、性の多様性というものをマザマザと見せつけられた感じ。そういう方々が数多くおられることもモノの本で読んでは知っているが、やはり実際におなじ空間にいて、問題点や障害などを直に伺うと、胸に迫ってくるものが違うね。憎んでも嫌ってもいない配偶者と別れ、可愛い子どもと離ればなれになるという大きすぎる代償を支払ってもなお「本来の自分の性に戻りたかった」という切実な訴えを聞きながら、そういうツラい状況をその人に強いてしまっている社会制度の不備というものへの憤りがフツフツとわいてきた。昨日、『逢わせ屋』という生き別れの肉親との再会番組の再放送をちらっと観たが、もう一五年、二〇年もしたら「離婚後、おばさんになっていた父と涙の再会!」みたいなケースもフツーに出てくるかもなぁ。
 しかし、会場から寄せられた質問「あと何年待ったら、同性同士の関係が社会保障の対象となりますか?」は、まさに現在の同性愛者の意識レベルを如実にあらわしている感じ。「権利というのは与えられるもの」という先入観をまず変えていかなければ何百年たっても何も変わらないんだけどね。
 終了後、居酒屋での打ち上げにまぜていただく。その席で、赤杉くんとかなり面白い計画を思いつき、練っていく。なかなか画期的で、前例のない催しである。これが実現できれば、かなり大きな一歩になるのではないか、と思い、またワクワクする。二次会の喫茶店でもアレコレつめていく。黒い話も少々(笑)。新宿方面へ行く方々と山手線で帰途に。十一時すぎに帰宅。入浴後、メールをいくつか出してから、零時すぎに就寝。計画は、なんとしても実現しなくてはな、オレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/06(月) 18:58:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<あせりなさんなと国会・華の乱 | ホーム | 驚いたことと驚いてンじゃねぇよ!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/332-6d457664
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。