本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

石田太郎と置き自転車

5月16日(月)

 いつもの時間に起床。朝から久々の快晴。聞けば子どもの日以来のことだという。が、今日も朝から夕方まで出仕事。
 五時半頃帰宅。夕食・入浴の後、パソコン起ち上げ連絡メール、mixi、日記つけなど。アニメ『ブラックジャック』に石田太郎が出ていた。このところは『仮面ライダー555』やら『愛のソレア』などの顔出し物が続いていたので、声の仕事をみるのは久しぶりである。二代目『刑事コロンボ』やカリオストロ伯爵などの声優として知られる石田氏だが、個人的には橋口亮輔監督の『二十歳の微熱』での片岡礼子の父親役(じつはウリセンで袴田吉彦を買っタ隠れホモ)がなんとなーく印象深い。
 HDに録りためた番組の整理をしつつ「月光夜話」の原稿仕上げを進めようとしたのだが、どうにも神経が画像編集に向いてしまい、身が入らない(当たり前か)。『報道ステーション』で、JR西日本では最近、線路への置き自転車(石なんて可愛いものではない)が相次いでいるのだが、ついに衝突事故が起きてしまった、と報じていた(幸いにして怪我人はなかったそうだが)。「あんな事故のあった直後だというのに、まったく信じられません」というのがマスコミの統一論調であるが、しかし置いているヤツらにしてみれば、これは悪のJRに対する「正義の鉄槌」なのかもしれない(あまりに頭の悪すぎる正義感ではあるが)。根本的には、反論できない経営陣を「正義」の名のもとに寄ってたかって吊るし上げ、ウップン晴らしをしていた取材陣と五十歩百歩なのである。「自己陶酔的勘違い」という点では大差ないのだから非難できねぇぞマスコミ。笑うといえば、今日公示された今年の長者番付である。第一位に輝いたのはサラリーマンで、しかも年収一〇〇億円(!)だって。月収八億円強。もはやギャグだぜ、この金額は。羨望の眼差しを向けるよりも前に笑ってしまったよ。
 原稿が進まず、どうにも精神が不安定になっているのか、なんかやたらとオナニーしたくなって困る。結局、都合四回もやってしまったよ。最後まできっちり射精するんだからオレの精力もたいしたもんだわい。四〇過ぎてザーメン工場ますます絶好調!
 十一時過ぎた頃から仕事にようやく身が入りはじめるが、いかんせん遅すぎる。たいして進まないうちにタイムアップ。明日も早いので『きらきらアフロ』(この日は、なぜかブームも過ぎた今頃になってロボット犬AIBOが登場。絶妙の間合いで鶴瓶・松嶋とカラんで場内を沸かせる)を見終わったところで就寝。昔、「ながら学習」はイカンと学校で注意されたが、「ながら仕事」もやっぱりダメだなぁ、と知ったぞオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/17(火) 19:35:10|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<コムスンと平井堅 | ホーム | テープ起こしと雷雨>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/34-78ba5225
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。