本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大抜擢とチックショー!

3月13日(月)

 六時起床。本日も朝から夕方まで出仕事。午後、こんな仰天ニュースが。
【若手女優、超大作に大抜てき!………………若手女優の芦名星(あしな・せい=22)が、日本・イタリア・カナダの合作映画「SILK/シルク」(監督フランソワ・ジラール)に大抜てきされた。総製作費は30億円で、アメリカからはマイケル・ピット、今年度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたキーラ・ナイトレイ、日本からは役所広司らが出演する大作。1860年代が舞台で、芦名は蚕を求めてフランスから旅してきた男(マイケル)が日本で心奪われる謎の娘を演じる。娘を忘れられない男は、一端帰国後、美しい妻(キーラ)を残してまで再び過酷な旅を決意。娘にセリフはないが、物語の大きな核となる重要な役どころ。“地の果ての美しい人”を探し求めて、ジラール監督は3度来日し約800人の候補の中から、200人もの日本人女優と対面。監督は「ひとつの役柄のためにこんなに多くの役者と話したことはない。芦名星と会った時、私はほとんど存在しえないものを見つけた」とぞっこんだ。大役をつかみとった芦名は「今まで生きてきた中で、一番幸せな時を送れている。この時間を大切に過ごしたい」と語っている。07年全米、日本公開予定。】
 芦名星というのはこの春までやってた『仮面ライダー響鬼』で“姫”という敵キャラを演じていた子である。これはひょっとすると、オダギリジョーを抜いて、平成仮面ライダー出身俳優の出世頭になるやもしれん。
 五時半、新宿。息子分の京也と西口地下で待ち合わせ、ルミネ2にある“遊べる書店”ヴィレッジ・バンガードへ。上がるのにイライラするのでビル上階の書店には基本的に行かないことにしているのだが、ここは独自の仕入れをしていて他店では買えない商品とかがあるのでたまに来る。今日の目当てはロフトプラスワンの一〇周年記念ムック。購入後、駅東側をまわって大ガードをくぐり、小滝橋通りへ。ダイカンプラザ脇のとんかつ屋で夕食。そしてわが家へ。一〇時半頃まで話を聞いたりテレビを観たり。京也を見送ってから十一時入浴。あがってパソコンを立ち上げ、メールを受けたり出したり。もらった中に一通、今夜急きょ放映されたという「久世光彦追悼特番・寺内貫太郎一家傑作選」に関するものが! ぬなぁ?にぃぃぃ??!? オレに黙ってそんなものが放映されていたとは! なんでそーゆー大事なことを大々的に宣伝しないかなTBS! 知らないから、クソつまんない『西遊記』とか観ちゃってたじゃねぇかよ。腹が立つので零時就寝。というかフテ寝。チックショー! と小梅太夫みたいな悔しがり方をしてしまったオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/14(火) 20:00:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<次の手とシャンプーしたっけオレ? | ホーム | 「なんということでしょう」と「そういうこと言っちゃいけません」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/340-6237d1fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。