本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

悲喜こもごもニュースと和服のオッサン

3月22日(水)

 六時起床。本日も朝から夕方まで出仕事。今日はやたらとニュースの多い日である。
【作曲家の宮川泰さん死去………………「宇宙戦艦ヤマト」や歌手、ザ・ピーナッツのヒット曲などで知られる人気作曲家の宮川泰(みやがわ・ひろし)さんが21日、虚血性心不全のため死去した。75歳。同日早朝、妻の禮子さんが寝室で亡くなっている宮川さんを発見。苦しんだ様子もなく安らかな顔だったという。20日夜は缶チューハイを1缶飲んで午前零時ごろ就寝。部屋には書きかけの風景画が残されていたという。宮川さんは北海道留萌市出身。大阪学芸大音楽科中退後、渡辺晋とシックスジョーンズなどのピアニストとして活動。その後、作・編曲家に転じて活躍しザ・ピーナッツの「恋のバカンス」(昭和38年)で日本レコード大賞編曲賞を受賞するなど多くの名曲を残した。】
 みやがわ・やすしと呼んでいる人が多いが、「ひろし」がホント。オレらの世代ならば「ピーナツ」というよりもやはり「ヤマト」の音楽を作った人、という認識が強い。銀河の画と「むげん?にひろがる?だい?うちゅ?(無限に広がる大宇宙)」というお馴染みのオープニングナレーションに氏の曲(スキャット付き)がのっかると、これがまたイイんだ。何度聴いても全身の産毛が興奮で逆立つ感じ。氏はまた優れた作曲家であると同時に、バラエティ番組でも活躍されていた。「スーパージョッキー」では映画コーナーの解説なんかもしていたな。テキトーなことをその場のノリでパーパー言い散らすようなケーハク芸は、高田純司やユースケ・サンタマリアの元祖といってもいいかもしれない。先日の久世氏とおなじ死因だが、長患いして苦しむことも家族の手をわずらわすこともない、これほど綺麗でうらやましい死に方はなかろう。何かを為した者に対しては、天もこういうご褒美をくださるのだろうか。合掌。
【岸谷で復活「仕掛人藤枝梅安」………………時代劇作家、池波正太郎の人気シリーズ「仕掛人 藤枝梅安」が俳優の岸谷五朗(41)主演で13年ぶりにドラマ化されることが21日、分かった。復活を決めたのは、これまで小林桂樹(昭和57?58年)、渡辺謙(平成2?5年)で同シリーズを制作したフジテレビ。名優の後を受けた3代目は「外見よりも梅安の心情を表現したい。殺陣のシーンはリアリズムを追求し、格好をつけずに自然体で演じたい」と自分らしい梅安像を求めて撮影に臨んだ。相棒の彦次郎は小日向文世、音羽の半右衛門を藤田まこと、おもんを高岡早紀が演じる。】
 岸谷の梅安、どうだろう。というか、この役は誰が最も適役か、オレはいまだにわからない。原作本は全巻、何度も読み返しているのだが、ついぞ浮かんでこない。ま、とりあえず観てみよう。藤田まことの半右衛門も観たいし。しかし半右衛門のイメージは、オレの中では金子信雄なのだが。
【時給800円解散へ!………………シングル3作で計45万枚を売り上げた人気3人組ユニット「時給800円」が解散することが21日、分かった。平成15年4月の結成当初は謎の覆面ユニットとして活動し、インディーズ盤「死ぬほどあなたが好きだから」がヒットして7月にメジャーデビュー。翌月にテレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演、正体がココリコの遠藤章造、俳優の八嶋智人、品川庄司の品川祐であることが明かされた。同盤はオリコンチャート最高11位となり、25万枚のヒットに。第2弾が最高7位、今月8日に発売した第3弾「さくらいろ」が初登場21位。着メロサイト「music.jp」でCM初出演が決まり、22日からオンエアされる矢先に訪れた突然の解散劇だ。時給800円のフリーターらに愛と勇気を与えた同ユニットだが、関係者によると、3人は人気を背景に最近、「時給1000円の気持ちや」と天狗になってきた。このため番組プロデューサーが「そんな気持ちじゃダメ」と解散を言い渡したという。】
 これはまぁシャレなんだろうが、しかし四十五万枚も売上げたんなら、二〇〇円のアップくらい別にいい気もするけどな。
【霊きゅう車でバーへ、葬儀会社社員を酒酔い運転で逮捕………………埼玉県警越谷署は22日、葬儀会社員久保徳顕容疑者(24)を道路交通法違反(酒酔い運転)の現行犯で逮捕した。調べによると、車に当て逃げされた男性の通報を受けた同署員が、22日午前0時35分ごろ、同市下間久里の県道で、霊きゅう車を運転していた久保容疑者に停車を求めたところ、酒のにおいがしたため、酒酔い運転が分かった。久保容疑者は「会社の霊きゅう車が空いていたので、バーに行き、ビール6?7杯を飲んだ。友人を自宅に送る途中だった」と話し、当て逃げは否認しているという。】
 ち、違うんです、当て逃げしたのは私の霊きゅう車ではなく、べつの霊きゅう車で……てな言い訳はきかんだろうなぁ、多分。あんなもの、そうそう何台も走ってるようなシロモノでもないだろうし。ましてや酒場に乗りつけるというのは前代未聞の快挙、もしくは怪挙である。しかし霊きゅう車で飲みに行くというのもなかなかシュールで面白い試みである。ちょっとやってみたい気もしないでもない。
 五時半帰宅。きのう、おとといと外食でガッツリ食いすぎた感じなので今夜は軽く。鮭ソボロかけた飯にインスタント味噌汁、リンゴヨーグルトサラダ。雑用こなして入浴、そして仕事。DTP作業。原稿書きほどではないが、もともとキライではない仕事なので、やりはじめるとけっこう乗ってくる。サンプルをプリントアウトしたところで終了。十一時すぎ。終わってからちょっと資料などを読み込む。『オーラの泉』をチラ観したら綾戸智恵が江原に対し「いやぁ????っ! ナニモンやぁっ、このオッサンっっ!」と感服しきったような声を出していた。一芸に秀でている人というのは道を極めることに一生懸命であまり世知に長けていないから、モノであれ人であれ、いったん信じるととことん傾倒してしまうきらいがあるんだよなぁ。芸能人は新興宗教にハマりやすい、という俗説になんとなくうなずけるような気になる。零時すぎ就寝。DTPでまたしばらく忙しい日々になりそうだなオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/24(金) 08:24:46|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<懲りないテレ東とバカな若造 | ホーム | 銀座と新宿>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/349-e4391844
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。