本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

過剰労働と女のプロ

3月24日(金)

 七時起床。起きてすぐ、菓子パンかじりながら仕事開始。「2005年鑑」のDTP作業。昼にもやしラーメンを作って食った以外はひたすら仕事。夕方、飯を炊こうと思ったら、ずっと調子の悪かった炊飯器がいよいよ本格的に壊れたようで、仕方なく土鍋で炊くことにする。直火のほうが美味しく炊けることは百も承知しているが、火の番をするのが面倒なので永らく電気に任せてきたが、これを機にガス炊きに切り替えようかなぁ、と思う。オレの場合、べつに毎日炊くわけじゃなく、せいぜい週に一か二くらいなものだから(まとめて炊いて小分けして冷凍しておくのだ)、気分転換にはちょうどいいかもしれん。
 ショウガ焼きとキャベツ炒めをおかずにパッと夕飯をすます。そしてまた仕事。八時からはTBSラジオの『ブジオ!』最終回。特にゲストはなく、「もしも番組が半年限定でなかったら、もしも急逝されなかったら絶対に呼びたかった人物」として唐沢俊一氏が宮川泰氏についての思いを語っておられた。それはさておき小林摩耶アナウンサー。基本的には好きではないタイプなのだが、現在の超過密スケジュール(『ブジオ!』の翌朝には『王様のプランチ』の生放送、夕方には『チャンネル☆ロック』、夜には『チューボーですよ』、その他期首特番には必ず司会に加わる)をこなしながら、常ににこやかな表情を崩さないというところには素直に感服する。彼女をして「女のプロ」と言った人がいたが(一度「プロの女」と言い間違えて「それは変な意味になっちゃうでしょ」と指摘されてしまった)、まさにそんな感じ。不機嫌がダイレクトに顔に出るオレには絶対に真似できない芸当である。その後も仕事をずっと。零時を過ぎる頃には何をやってんだか自分でもわからなくなる。一時過ぎ、フロにも入らず就寝。今日は正味十何時間モニターを眺めてたんだろかオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/27(月) 19:46:55|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<逝ってしまったあの子と傑作イラスト | ホーム | 懲りないテレ東とバカな若造>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/351-e6a4d3b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。