本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

坊やだからさと死ね死ね団

3月27日(月)

 六時起床。芸能ニュースで宮川泰氏の告別式の模様を。トランペットによる「真っ赤なスカーフ」も感動的だったが、出棺時の「宇宙戦艦ヤマト」のブラバン演奏が、まさに作曲家・宮川泰の人生のフィナーレを飾るにふさわしいものであった。この選曲はご当人の希望によるものらしいが、ヤマトを自身の代表曲と捉えていたのだねぇ。オレもここ数日、一日に最低五回は「真っ赤なスカーフ」を口ずさんでいるのだが、まったくあれは名曲であった。
 ヤマトといえばガンダムであるが(なんでやねん)、数日前、ワイドショーで民主・永田の往生際の悪さを取り上げた際、キャスターの「永田議員はどうしてああなんでしょうかねぇ」というあきれ顔コメントを何かしながら聞いていて、無意識のうちに「坊やだからさ」とつぶやいてしまった。まさか日常生活の中でシャア・アズナブルのセリフを口にする機会があるなんて思ってもいなかったので我ながらギョッ。しかし最近はアニメ・特撮と現実との境界線が曖昧になってきてるよなぁ。たとえばこないだ見たどっかの局の報道番組で「北朝鮮は偽造紙幣をつくるため、印刷関係者を複数拉致した疑いが濃厚」と言っていたが、それってまるっきり『レインボーマン』の“死ね死ね団”じゃん! 死ね死ね団は“御多福会”という新興宗教を通して偽札をばらまき、大インフレを起こして日本経済を転覆させようとしたが、正義の印刷職人・源さん(木田三千雄)が命と引き換えに偽札工場を爆破してくれたことで悪の計画は阻止されたのであった。なんの話してんだオレは!?
 スーパーなどに寄って六時帰宅。できあいのサンドイッチやイナリ寿司などで夕食後、入浴。七時ごろから仕事。DTPの続き。零時半ごろまで。くたびれ果てながら就寝。この仕事も早くケリをつけたいもんであるよオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/29(水) 07:51:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<安堵とすンごいファイル | ホーム | 期待と憤り>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/354-989d36cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。