本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

表紙と妖怪

4月10日(月)

 六時起床。本日も朝から夕方まで出仕事。五時半すぎに帰宅。とやまみーやさんから自費出版本の表紙用イラストが届いていた。ハヤシライスで夕食後、入浴。六時半ごろから仕事。みーやさんのイラストを使っての表紙デザイン。いや、デザインなんて大仰なものではないのだが。デザイナーでもない者がデザインに凝ろうとしたりすれば必ず失敗する。メイクの知識・技量のない女が必要以上に塗りたくって死ね死ね団の怪人みたいなバケモノ厚化粧になってしまうように。だからオレがDTPをする際にまず心掛けるのは「できるだけシンプルに」ということなのだ。バケモノといえば、ネットにこんなニュースが。
【来たれ妖怪そっくりさん!水木記念館がコンテスト………………“妖怪の町”として観光振興を図る鳥取県境港市で、同市出身の漫画家水木しげるさん(84)の作品に登場する「ねずみ男」や「ねこ娘」などのキャラクターのそっくりさんを募集、最も似ている人を選ぶ初のコンテストが8月に開かれる。隣県島根の「神在月(かみありづき)」をヒントに、8月を全国の妖怪が集う「霊在月(れいありづき)」と名付けて実施している観光イベントの一環。「水木しげる記念館」などが企画した。コンテストは、水木さんの作品中の妖怪にどれぐらい似ているかを競う「そっくりさん」、個人か団体で妖怪に仮装してパフォーマンスをする「仮装」、妖怪に見える物体を対象にした「番外編・自然界」の3部門。いずれも事前に写真をコンテスト実行委員会に文書かメールで送る。そっくりさんの他薦も可能だが、本人の承諾が必要。】
 ぜひ和田勉を“ももん爺”のそっくりさんとして出場させていただきたいものである。推薦人はワダエミで。
 七時からは『ブラックジャック』。いつの間にか『ブラックジャック21』とかいうタイトルにマイナーチェンジしていた。ゲスト声優は大塚周夫。ブラックジャック役・大塚明夫の父君である。ここはけっこう親子競演をやってるよな。九時からはつけたまんまになっていたフジテレビの『笑っていいとも!春の祭典』。上戸彩とジャニーズの加藤成亮が同じステージ上にいるのはちょっと奇妙な感じ。「親愛なるハセケンへ……。イエスタディ」とかこっそりメールでも打ってんじゃねぇの? などと“金八6”を観ていた人間しかわからないようなことをフト思う。
 作業は零時近くまで。とりあえずのものが仕上ったので終了。半ごろまで読書してから『きらきらアフロ』を観ながら就寝。表紙が出来て、あとは中身の仕上げだなオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/11(火) 19:33:16|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<京本と土田 | ホーム | 葬儀と遭難>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/368-8eca1690
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。