本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

松金よね子と居眠り

4月16日(日)

 なんでか知らんがケンカする夢を三本立(先の二本は忘れたが、三本目の相手は電車の運転手)でみて六時半に目がさめる。七時半から『轟轟戦隊ボウケンジャー』。ゲスト主役は松金よね子。役の上とはいえボウケンイエローから「おばあちゃん」と呼ばれるのはどんな気分か。ああいう声だから声優時代、アニメでは“男の子”“動物”“婆さん”がほとんどだったが(最後のアニメ主役が『一つ星家のウルトラ婆さん』だったなぁ)、しかし実写では“おばあちゃん”という感じではいだろう、まだ。余談だが、彼女が唯一(たぶん)お目々キラキラの美女を演じたのは、かの名作『ベルサイユのばら』のジャンヌ・バロア・ド・ラボット。あれは颯爽としてカッチョイイ悪女だったなぁ。詐欺事件の法廷で悪びれることなく「マリー・アントワネットはレズビアン」と証言(もちろん偽証だが)するシーンはベルばら屈指の名場面であった。高校生だった当時のオレはシビれた!
 トーストで朝食。雑用を済ませて十一時、外出。明るかったのでてっきり曇りだと思っていたら弱い雨がふっていた。高田馬場で古本屋を四軒まわってから明治通りの裏手にある東京YMCA山手センター。「同性パートナーの法的保障を考える」のを目的としたイベント「Rainbow Talk 2006」に。けっこう遅めに会場入りしたら、すでにかなりの席が埋まってしまっており、なんだか知らんが最前列に案内されてしまった。いや、オレはべつにいいのだが、オレが真ん前にいるとプレッシャーに感じる人がけっこういるらしいからねぇ……。定員百二十名の会場は、補助イスも出るほどの盛況ぶり。一時半から五時すぎまで、尾辻かな子大阪府議をはじめとしたパネリストの方々のお話をみっちり伺う。細かい感想その他については「ゲイ年鑑2006」に書こうかと思っているので諸君、一年待ってくれたまえ(なげーなぁ)。
 幾人かとちょっと話してから、おぐ氏と徒歩で新宿へ移動。居酒屋で九時すぎまで今日の感想など。オレが途中モーレツな眠気におそわれウツラウツラしてしまったことを指摘され、ちょっとギョッとする。自分では「うつむいて考えをめぐらせている」ように見せ、周囲には気取られないように上手くやっていたつもりであったのに、まさか四、五列も後ろの人間に気づかれていたとは……。その後、タックスノットへ移動。オレがまるでいじめっ子であるかのような言われように対して、ちょっと自己弁護など。一〇時半すぎまでいて辞去。十一時前に帰宅。入浴して、しばし読書。零時半就寝。最前列で舟をこぐたぁ我ながらイイ度胸だぜオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/17(月) 19:08:52|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<昌子と善意 | ホーム | イボジとギャンブル>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/374-b6a541cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。