本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「……は?」とイタチ

4月18日(火)

 六時起床。本日も朝から夕方まで出仕事。わざと遠回りして、初夏の風情をたたえた下町の夕景のなかを六時前に帰宅。本日は、いま最も注目する事件の上告審弁論が行なわれた。以前にもこの日記で書いた例のヤツである。
【光市母子殺害・弁護側が殺意を否定………………山口県光市の母子殺害事件で、殺人罪などに問われ一、二審判決で無期懲役を言い渡された男性被告(25)=事件当時少年=の上告審弁論が18日、最高裁第三小法廷で開かれ、弁護人の安田好弘弁護士らは「一、二審が『冷酷で執拗』とした殺害状況の事実認定は誤っている」と述べた。その上で裁判の続行を求めたが、浜田邦夫裁判長は認めず、結審した。ただ浜田裁判長は、1カ月以内に主張をまとめた書面を提出すれば判断材料にすることを弁護側に伝えた。判決期日は追って指定される。】
 という結果であったらしいが、ニュース報道をみると例のスッポカシ弁護士がマスコミを前に、誰が描いたのか気になる“いつもここから”チックな図解イラストを紙芝居ふうに示しながら持論・自説を得意げに開陳していた。しかし、どう見てもトンデモなんだよなぁ。「殺害の意図はなかった。騒がれないよう口をふさいでいた手が、被害者が暴れたせいで“たまたま”首にずれて、“たまたま”締まって、“たまたま”死んでしまった」「赤ん坊がうるさく泣くので黙らせようと“たまたま”首に紐をまきつけたら(蝶々結び、という言葉を用いていたっけ)“たまたま”締まって、“たまたま”死んでしまった」「強姦殺人ではない。“たまたま”死んでしまった女を“死んだあとに犯した”のだから、これはただの“遺体損壊”である」というような、世間並の認知力をもった者なら「……は?」と言いたくなるようなトークライブ。芸としては面白いが、弁護としての効力を持っているのであろうか。「予定外に死んじゃった相手と死姦しちゃっただけなんだから、大目に見てやってよ」と言われて「ハイハイ」と笑って言えるほどには呆けてはいないと信じたいのだが、この国の民のことを。
 あまり食欲がないのでトースト二枚と牛乳のみ腹におさめ、入浴、七時から仕事。資料ファイリングの続き。今日はとても見に行きたい場所があるのだが、オレが顔を出すと要らん波風がたつのは明白なので我慢して。ゲイの世界では最近、オレの存在そのものに対して過剰にナーバスになる人間が多くて疲れるのぉ。『ぴったんこカンカン』『学校へ行こう』『ロンドンハーツ』『ブスの瞳に恋してる』等々、バラエティばかりをだらだらと観るともなしにつけておく(あ、『ブスの──』はバラエティじゃなかった)。
 十一時半からは、先週うっかり見そこなってしまったMXテレビ『怪奇大作戦』再放送。今日は「かまいたち」の回。人為的に大規模なかまいたちを発生させる機械を使った“連続女性バラバラ通り魔殺人事件”(なげーなぁオイ)の謎をSRI(科学捜査研究所)が追う話なのだが、主人公・牧史郎(岸田森)が犯人の青年に目ぼしをつけた理由というのがスゴイ。「真面目で、おとなしく、イタチのように怯えた目をしている」からだというのである(笑)。三〇分番組だけに、牧のその直感はマンマと図にあたるのであるが、イイのかそんな理由で誰かを容疑者扱いしちまって!? しかしこの話、夜学に通いながら働くトラック運転手のその青年が、どうやってそんな機械を開発でき、なんだって見ず知らずの美女たちを次々に手にかけたのか、そのあたりの説明が一切されていない。そういう不条理な部分がやけに現実的で、一番の“怪奇”だったりする。こういうドラマを日曜日の夜七時から放映していた昭和四〇年代初頭は、どんな時代だったんだろうか。
 ひたすら黙々と切り抜きを分類し、クリアポケットへ入れ続けたあと零時すぎに就寝。100ポケットのファイルをもうかれこれ八冊いっぱいにしたが、まだほんの氷山の一角のさらに一角程度。先は長いぞオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/20(木) 22:38:33|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<いつもここからと観劇 | ホーム | 昌子と善意>>

コメント

例の事件の弁護が……

えーと、例の事件の弁護の件、唐沢俊一氏+ソルボンヌK子氏の「大猟奇(だったかな)」にある女性を屍姦した男の弁解みたいで不謹慎ですが笑えますな。
あちらは確か「死んでしまったのでセックスしたら生き返るかと思った」と述べて死刑を喰らったようですが……、なんだかそっくりですな。
  1. 2006/04/21(金) 02:36:43 |
  2. URL |
  3. Ken=Done #aVoY0bc.
  4. [ 編集]

>Ken=Doneくん

不条理漫談……にしては笑えない話。
近く下される司法判断は、日本の治安の重要な舵取りになるので注目です!
  1. 2006/04/21(金) 08:26:24 |
  2. URL |
  3. 影坂狩人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/376-9cbe8b87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。