本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

狂い咲きととってつけ

5月11日(木)

 七時起床。すっきりしない天気の中(昨日、関西以西では豪雨だったそうな)、本日も朝から夕方まで出仕事。ネットにこんなニュース。
【小梅太夫・自虐CDデビュー。素顔明かさぬ戦略………………人気お笑い番組「エンタの神様」でブレーク中のお笑い芸人、小梅太夫(年齢未公表)が10日、自身のネタを収めた「小梅日記」(日本クラウン)でCDデビューする。着物姿に白塗り、甲高い裏声でネタをこなし、強烈な芸風で人気の小梅。中村美律子の「島田のブンブン」の節を口ずさみながら登場。自虐ネタを披露し、最後に凄まじい形相で「チックショー!」を叫ぶ。「エンタ?」ではこれが大ウケ、今や1、2を争う人気ぶりとか。気になる素顔だが、「『小梅太夫』はあくまで“謎の芸者”で、経歴も年齢もシークレット」とは所属事務所。小梅本人も、ネタの発狂ぶりとのギャップを意識してか、ファンや報道陣の前では挙動不審キャラを装い、地声も一切発しない。その戦略を徹底させている。普通ならこの謎キャラで、他のお笑い番組やバラエティーの出演もありそうなものだが、「当面は『エンタ?』一本でいきます。他に出るつもりはない」(所属事務所)と露出には消極的なのだ。はなわ、だいたひかる、波田陽区らの個性派芸人をブレークさせた同番組。しかし、いずれもブレーク元年こそ順風満帆で、他番組への出演が急増した後に露出が激減するというケースが目立つ。それだけに、あえて同じ番組内で、じっくりその後の戦略を練るのが小梅流か。お笑い評論家の西条昇氏は「確かに、ネタでブレークした芸人が、フリートークが苦手でテレビへの露出が減るケースは多い。その点、ネタだけのエンタに出続けるのは一つの有効な延命手段。ただ、延命するだけでは先はない。常に新しい芸を見せていかなければ」と新ネタに期待を寄せる。移ろいやすい視聴者を「エンタ?」出演だけでいつまで引っ張れるか、小梅の技量にかかってきそうだ。】
 小梅太夫という芸人、ネタ自体はさほど面白いと思ったことはないが、エンタのステージ以外の部分(=素の姿・フリートーク)は一切売り物にしないという戦略は、乞われるマンマよその座敷にホイホイ出かけていって磨耗していく他の面々と比べて、たしかに異彩を放っているよな。どこまでプライベートを隠しおおせるかがちょっと楽しみである。というか、ひょっとするとアナタの夫が、恋人が、父が、息子が、親友が、恩師が、小梅太夫なのかもしれない! ……ってホラーかよ(笑)。
 ホラーといえば、こんな度胆をぬかれるニュースも!
【献血「知らない」4人に1人………………献血経験のない若者の4人に1人は、献血自体を知らなかったことが、厚生労働省の初の「若年層献血意識調査」でわかった。若者の献血離れが進む中、同省は「ここまで多いとは思わなかった」と、ショックを隠せない様子だ。調査は今年1月?2月、16歳から29歳までの献血経験者と未経験者各5000人を対象にインターネットで実施。未経験者のうち「献血を知らない」と答えたのは、26・2%に上った。日本赤十字社が開設している各地の献血ルームのイメージについて、「暗い」と答えた人は、経験者の8・3%に対し、未経験者は20・6%だった。献血者は1995年に629万人だったが、昨年は532万人に減少。中でも、16?29歳の若年層は285万人から177万人に落ち込んでいる。】
 ここでいう“献血自体を知らなかった”とは、「献血という運動(システム)があることを知らなかった」のか、それとも「献血という行為そのものがこの世にあることを知らなかった」のか、どっちだろう。もしも後者なら、彼らは輸血用の血液はどこから生じてくるものだと思っていたのか。化学合成か? いや、それすら考えたこともないのかもしれない。近年問題視されている「若者の創造力の欠如」の一端を垣間見た思いである。だいじょーぶか、ニッポン!?
 買い物して六時帰宅。録画しておいた『名探偵コナン』を観る。上戸彩が上戸彩の役で声優出演するという、とってつけたような(いや、とってつけたんだよな)ご都合的エピソードだが、上戸彩はそこそこアフレコもできるんだなぁ、と思った。『魔法の●●・×××××』みたいなヤツならばまあまあ通用するレベルである。少なくとも『名探偵ポワロ』で観た中山忍と伊藤美咲よりははるかに巧い。
 食後、入浴。ドラマなどを横目で見ながらスクラップ作業。『弁護士のクズ』、来週放送分にちょっとひっかかるものアリ。予想通りの展開だったら、どういう風な意見が巷を飛び交うのかな。『Goro's Bar』を観てから(裏で若干時間のかぶる『Qさま!』が終わらない限り、青木さやかは復帰できないのか)一時ごろ就寝。日本の未来は明るくない、と今さらながら思うオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/16(火) 19:11:01|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<予約とビビり | ホーム | 啓蒙大使とビックリニュース>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/399-c38345a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。