本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世界傑作劇場と溝口くん

4月16日(土)

 そこそこの時間に起床。朝食後、連絡メール、mixi、日記つけなど。
 トロトロしてたら外出予定時間に。今日は上野のゲイポルノ館「世界傑作劇場」へ映画評執筆用の鑑賞に行くのである。ゲイの中にも「観たことない」という人間が少なくなく、ゲイメディアでもほとんど黙殺状態にある薔薇族映画(ゲイポルノの愛称ね)。いずれ誰かがなんらかの形でまとめられなければならないとずっと思っていたのだが、いつまで待っても誰もやってくれないんで、ついにシビレをきらして「もういい、オレがやる!」と、いつものパターンになってしまったわけである。もうすでに仕事はけっこう容量オーバー気味なのだが、まぁいいや。おハイソな方々がはなもひっかけないものに光を当てていくのが、通俗モノカキとしてのオレの使命なのであるから。
 陽気がいいのでお茶の水で下車。神田明神を抜けて上野までプラプラ歩くことに。今日は、朝は晴れているが昼すぎから雨になり、雷も鳴るかも、という予報だったので一応、傘は持って出たがそんな感じは皆無である。寒くなるというのでやや厚着もしてきたが、なんかそっちも実感ナシ。
 不忍池のほとりで骨董市をやっていたのでちょっとひやかす。由緒ありげな西洋アンティーク系から、どう見ても家庭のゴミだろソレは、と言いたくなるようなものまで、文字どおり玉石混交。ソイツぜったい呪いかかってんゼ、と思いたくなる南方の彫像の横に仮面ライダークウガが並んでたりするデタラメぶりこそが、この手の催しの醍醐味だと思う。
 傑作劇場へ行くと、すでに初回が始まっていた。今日のは二本とも前回のときのような難解ゲージュツ系ではなく(詳細は『薔薇族』創刊号の“影坂狩人探検隊”を読まれたし!)ちゃんとしたエンタメ系で安心である。内容についてはいずれ雑誌のほうに掲載する予定なんでここでは割愛。でも、一本はけっこう金もかかった感じだったし(もちろん、薔薇族映画のわりに、ではあるが)、もう一本には唐沢俊一・ソルボンヌK子ご夫妻がエキストラ出演(の割にはポスターにはかなり堂々と名前が刷り込まれてるけど)していて面白かった。お二人のゴシップ誌記者姿を観るだけでも価値がある映画である。
 今日はけっこう若い客が多い日であった。みんな「一生懸命」ハッテンしていて清々しいなぁ。しょーもない小理屈で武装した小賢しい連中より、自分に正直な彼らのほうがよっぽど上等であると思うぞ。年をとったせいか、最近、ハッテンくんたちが愛おしく感じられてならない。こうした行為を非難する者もいるが、セーフセックスさえ心がけてくれれば、べつになんの問題もなかろう。セックスをあさはかな倫理観で語ろうとすることほど愚かなものはないのである。
 四時半すぎ、劇場を出る。行きの逆ルートで新宿へ。待ち合わせの約束があるのだ。五時チョイすぎ、新宿着。まだ時間がけっこうあるので本屋などをブラブラ。二丁目でヌキ用ビデオも購入。
 七時、BYGSビル前にて待ち合わせ相手とおちあう。のだが、本日の主賓であるライター、溝口哲也くんからケータイに「ちょっと遅れます」との連絡。なので、もうひとりの参加者、おぐ氏(『薔薇族』書評担当)と靖国通りのベローチェで待つことに。ほどなくして溝口くん到着。三丁目近辺の居酒屋へ行くが土曜の七時半ということでいずれも満席。三軒目でやっと座れる。
 乾杯もそこそこに仕事の話。かねてから存在がひっかかっており、ネタ系(彼は『G?men』ではHIV啓蒙ページを担当)ではないコラムを読んでみたいと思っていたこと、「ステレオタイプではないゲイ」の書き手を集めていることなどから始めて、かなり具体的なところまで詰めていく。オレも含めて「フリートーク」としての連載は初めて、という人間が多いが、それが面白いんだと思う。他誌にすでにあるような企画なんて載っけたって仕方がないのである。ンなことするくらいならハナクソでもほじりながら昼寝でもしてたほうがナンボかマシだわ。
 十時、友人との待ち合わせのある溝口くんと別れる。おぐ氏のボトルの入っているタックスノットが満員だったので(やっぱ土曜はどこも混んでるね)、スペースにゆとりのありそうなメゾフォルテへ。なんとか入れてホッ。ビ?ルを呑みつつ書評などについての四方山話。話しつつ、自分の周囲にはいわゆる“イエスマン”的な人間がひとりもおらず、だからこそ正常な思考ができるのだなぁ、と改めて実感(ムカッとくることも多いけどね)。この部分を見失ったら(異論を受け入れられなくなったら)、モノカキなんてとっとと廃業したほうがよかろう。それはもはや「書く害毒」でしかない。
 十一時半、終電時間の近づいているおぐ氏とともに駅へ。駅前でおぐ氏と別れてプラプラと歩いて帰宅。酔っているとあっという間についていいなぁ。あ、天気予報は結局丸ハズレであった。
 帰宅、歯磨き&mixiチェックを済ませて就寝。原稿は特に書かなかったが、まぁまぁ有意義な一日であったと思う。今日のところはこれで良かったかもねオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/17(日) 08:50:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ババアと塩じい | ホーム | ドラえもんの黄色いハンカチ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/4-7d5632e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。