本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ウォーキングと無礼なライブ客

5月21日(日)

 七時半起床。外はメチャメチャ好天。今日は一日、崩れるおそれはないのだという。ネットにこんな芸能ニュース。
【村下孝蔵さん楽曲 日韓歌手が歌う………………99年に亡くなったシンガー・ソングライター村下孝蔵さんのトリビュートアルバム「絵日記と紙芝居」が7月12日に発売される。平川地一丁目が「松山行フェリー」、韓国人歌手のPOSITIONが「酔いしれて」、ユンソナが「踊り子」を歌うなど、日韓アーティストの競演となる。】
 村下孝蔵と聞くと、オレは柄にもなく甘酸っぱい感傷で胸が痛くなってくる。上京当時、荻窪の四畳半アパートで、よく『初恋』のテレビスポットを観ていたのだ。はじめて親元を離れた不安と、ようやく「支配からの卒業」ができたという喜びがないまぜになったあの頃は、とても精神が不安定であった。その心のひだに、♪好きだよと 言えずに 初恋は♪ というあのメロディは見事にしみこんでいったのだ。今でもあの曲を聞くとあの当時の思いが甦り、心がさざめき、目頭が熱くなってくる。いい歌い手だったよなぁ、村下孝蔵……。顔はグッチ裕三だけど。
 昨夜、帰りがけにコンビニで買っておいた、きなこ揚げパンとコーヒーで朝食。とやまみーやさんから送られてきていたイラスト群(みーやさん分のラスト)を自著に組み込み、プリントアウトしたものを順次校正にまわす。正午まで読み込み作業をしたのち、外出。今日は五時から江戸川区の平井で次男・祐人のバンドのライブがあるのだ。なぜこんなに早く出るのかといえば、せっかくあっち方面にまで行くのだから、前々から行ってみたかった小岩の古本屋を覗き、そのあとウォーキングを楽しもうという算段なのだ。ルート的にはまず小岩まで行き、小岩→新小岩→平井と戻っていく。
 総武線で移動。両国から十七くらいの相撲取りの二人連れが乗ってきたので耳をそばだてて会話に聞き入る。口調はセンター街とかにいそうなイマドキのガキだが、話の内容は投げ技についてのことだったりしてちょっと笑う。一時前に小岩着。はじめて降り立つが、なんとまぁ下町チックなこと。びっくりしたのは南口側の商店街の歩道の狭さ。なにかのドッキリですか? と訊きたくなるような作りで、これではさびれるのも道理か、とふと思う。目当ての古本屋はすぐに見つかったが、さほどの収穫はなし。書籍・雑誌を六冊ほど購入して出る。北側に移り、何軒か覗くが、はっきり言ってどこも問題外のレベル。古紙回収業者がたわむれに経営している店というのがたまにあるが、あんな感じ。
 小岩に別れ輪つげ、蔵前橋通りとかいう四車線道路を平井方向にずんずん進む。ふたつもの一級河川を超えねばならないルートである。はじめて来たはずなのに懐かしい……。もしや前世で──!? ってバカ。単に、こういう郊外エリアというのは日本全国どこでも同じ光景だってことだよ。千葉も埼玉も栃木も福島も、オレの地元も、みーんな似たりよったりだ。単調な道を黙々と進んでいくと、だんだんと自分がどこにいるのかわからなくなってくる。おそるべし洗脳地帯。
 小岩とはうって変わって賑わう新小岩をぶらついたあと、平井大橋をわたる。川風はさすがに涼しい。四時すぎに平井着。平井は発展の意欲というものをハナから放棄しているような街で(笑)、よく言えばのどかな昭和風情の残る街。住宅街のなかに木造トタン屋根の“三丁目の夕日”チックな駄菓子屋(お菓子や玩具にまじってアニメ系のプラモデルが売られていたり。オレのガキの時分はどこもこんな感じだった)があり、へぇーっと思って覗くと、なんと『グレートマジンガー』の“ブレーンコンドル”のプラモが並べられていてビックリ。たぶん復刻だと思うのだが、でなかったら三〇余年もずっと売れ残っているのか?
 松屋で食事してライブハウスを目指して進むと、街の喫煙所(?)で一服しているちょろんげさんとバッタリ。ではご一緒に、と目的地へ。そこは一般家屋の一部をライブハウス仕様に改造したようなところで、平井らしいと言やぁこれほど平井らしいシロモノもない感じである。ライブは祐人のバンドから。しかし演奏中、対バンの客らしい二人連れが大声で笑いながらお喋りをしている。当初は祐人たちに対する反応かと思ったのだが、そうではなかった。全然関係のない話にハナを咲かせている。祐人もそれにはそうとうムッときていたようで、その後のミクシィ日記に「あとで殴りに行ってやろうかと思った」と書いていたが、まぁ、そこまですることもなかろうさ。礼儀知らずなのはその通りだが(オレの場合はせいぜい居眠りしてしまうくらいだからまだマシ、とさりげなく自己弁護)、まー、いまの連中は(ガキばかりでなく、イイ歳したじじいまでも)大なり小なりそんな感じだからな。いちいちいきり立っていてもキリがない。そんな不毛なことをするよりは、MC部分のネタ合わせでもしたほうが有益である。ライブをやろうというくらいの人間は、皆それなりに演奏のテクニックはあるが、曲と曲のツナギ部分はどうもグダグダになりやすい。ステロタイプというか、ありがちなパターンでお茶を濁す感じにおちいりがちなのだ。たとえば氣志團なんかはそういう風潮が嫌いで、トーク部分を思いっきり作り込んだらそこから評価が高まり、今の人気につながったという。ドングリの背比べ的状況のなかで頭ひとつリードしようと思ったら、何かひとつ突出したポイントを提示せねばな。そうしていけば、前述の無礼者のような連中も自然といなくなるであろう。騒がれたくなかったら、騒げないくらい面白いステージを見せる。これしかないのである。
 六時、店を出て、ちょろんげさんと駅前の喫茶店で一息。昨日に引き続き、国富論から祐人のケツのでかさの話まで一時間ほどあれこれ(笑)。総武線で帰途。八時ちょっと前に帰宅。入浴後、阿部一彦くんから送られてきたイラストをはめこみ、これで本文部分は完成! あとは突貫で校正だ。ネットニュースにこんなもの。
【テレビに見とれ人はねる………………警視庁昭島署は21日、ワゴン車を運転中に歩行者をはねて死亡させ、そのまま逃走したとして業務上過失致死と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで東京都あきる野市小川、会社員石田直人容疑者(30)を逮捕した。石田容疑者は「仕事を終え帰る途中、約80キロで走行していた。カーナビでテレビを見ていたら音がして気付いた。怖くなって逃げた」と供述しているという。調べでは、石田容疑者は20日午後10時50分ごろ、東京都昭島市の片側2車線の都道をワゴン車で走行中、歩道近くの車道に立っていた近くの会社員福留和浩さん(44)をはね、逃走した疑い。福留さんは搬送された病院で死亡した。】
 こんなの当たり前の話だろ。運転中にテレビなんかつけてれば、事故るに決まっておろうが。まさに起こるべくして起こったものである。運転中のケータイ使用を違反として取り締まるのと同時に、カーナビのテレビ機能はまずなくせ。一時近くまで校正してから就寝。自著・ゲイ年鑑も残る原稿はみーやさんのエッセイ漫画(四ページ)のみ。ようやくここまで来たなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/22(月) 18:53:36|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<牛とAV | ホーム | スコールとヤなシンクロニシティ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/409-7af7fd05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。