本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

みのもんたと急停止

5月23日(月)

 通常の時間に起床。観るたびに不快になるのになぜかついつい観てしまう(イヤなもん観たさ、とでも言おうかノノ)『みのもんだの朝ズバ!』、今朝の槍玉は「ロリ(ショタ)コン」。児童売春を斡旋して逮捕されたエリート銀行員の事件を発端にして例のごとく、みのがかなり偏った持論をぶち、それに対してアシスタントやコメンテーター(みのに逆らえない人々)がお追従的コメントを述べていく、というこの番組の黄金パターンである。ゲストとして来ていた自民党の女性議員(名前は失念)がナントカのひとつ覚えみたいに「子どもを守らなくては!」を連発し、「児童買春をする大人にさらなる厳罰を処すべき!」というこれまた偏向した意見をまくしたてていたが、それだけでは子どもがらみの売買春事件は決して後を断たんだろうよ。真剣に禍根を断とうというのなら、「買う大人」と同等の罰則を「売るガキ」のほうにも設けなくては。子ども=弱者・絶対的被害者、なんて意識がまったく的外れの幻想でしかないことは、昨今頻発する未成年者犯罪の数々を見ていけば一目瞭然であろう。この婦人議員は、そういうところをまったく見ようとしないで、ただただ「子どもの擁護」のほうばかりを語やがる。彼女に言わせれば「子どもの売春は、大人に強要されて泣く泣くやらされるもの」なんだろうが、とんでもない! 最近の若いのは自らの商品的価値というものをキッチリ把握して、どうすれば楽して大金稼げるかシッカリ理解してますってば。「大人の斡旋」なんて中間マージンの発生する方法なんか、ちょっと智恵のあるヤツならばとりません。直取引で丸々ポッケに入れるでしょうさ。いや、ちゃんとヤらしてあげる子はまだいい。最近は徒党を組んで美人局(つつもたせ、と読みます)をやらかすようなのもいるそうだからなぁ、悪らつなガキの罠にはまって「被害」を受ける大人の擁護にも力を割いてくれなきゃ片手落ち(あ、これって使ってはいかん言葉だっけ?)もいいとこだ。結局、こういう勘違いオバハンたちがのさばっている限り、児童売買春の問題は永遠に解決しないのだろうなぁ、という思いばかりが強まった。そしてみのの、照れひとつ浮かべるでもなく正義の男を演じ続けられる(正義の名のもとに他者を容赦なく糾弾してしまえる)タフさ(厚顔無恥、ともいう)にある意味、羨望をおぼえる(ああなりたいわけでは全然ないが、あそこまで恥というものを知らずに生きられる精神構造というのは、凡庸なオレとしてはちょっとだけ羨ましい)。
 本日も夕方まで出仕事。帰宅途中、電車が下車駅のホームに滑り込み、「さて降りるか」と立ち上がった瞬間、グォーっと全身に重力がかかってきて、あわてて踏ん張る一幕があった。「ただいま停止信号が入りまして、急停車いたしました」というアナウンスが入り、しばらくそのまま停止。「すわ人身自己か?」と思ってちょっとドキドキしたが、結局「なんでもありませんでした」とのこと。なんじゃそりゃ。オレはまだ一度もその手のものに出くわしたことがないんで、生涯初の体験になるかと期待(?)したのに。昔ちょっと知り合いだった人間(女性)に、一両目の真ん前に乗っていたとき、自殺者と眼が合ってしまった話を聞いたことがある。運転室なめに進行方向を眺めていたら、線路上にふらふらっと人間が入って来て、そいつと視線が合ってしまったんだそうだ。幽霊談なんかよりもよっぽど怖いリアルホラー! 彼女にとってはたぶん生涯消えない記憶、というか映像であろう。まぁオレはそんなのはゴメンだが(死体写真とかは好きだけど、実際の血を見るのが苦手なのだ。典型的ダメ日本人)、自殺現場の臨場感というものはやや味わってみたいと思う。
 五時半頃帰宅。ネットを徘徊している途中、あること(訳あって詳細は伏せるが)によって、自分がいかに気の利かない男であるかを痛感させられる。「ホントにもう何やってんだろうかオレは」としばし自己嫌悪。鬱が噴き出してきて、またもや死にたくなる。しかしまぁ、過ぎてしまったものはどうにもならない。二度と同じ轍を踏まぬよう気を付けねば。とはいえ、もともと細かな配慮は苦手な質なので(と開き直ってはイカンね。はい)、たぶん失態は今後も何度か繰り返すことであろう。まぁ、人間はそうやって大きくなっていくのだ。なんて四十路のオッサンが言っても詭弁にしか聞こえんね。説得力ゼロ。
 仕事がなかなか手につかん病、まだ快癒の兆しナシ。ずっと精神的不調(だらけ、ともいう)と慢性的疲労にばかり原因を求めてきたが、これはひょっとすると栄養面の偏りもあるのかもしれん、とふと思う。そういえば最近はサプリメント類を全然摂ってないからなぁ。一人暮らしの場合、通常の食事だけで必要な栄養素すべてをまかなうのは到底不可能である(しかもオレは偏食人間だし)。近いうちに各種栄養補助食品を全種類購入してみようかしらん。あとは呑みのときに入る店を、魚介類系に特化した居酒屋とかに変えていくとか。基本的にツナ以外の魚モノは食わない男ですんで。
 資料眺めたり、mixiしたり、というダラダラパターンを踏襲しながら零時近くまで。本日も「怠惰」の二文字がふさわしい一日だったなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/24(火) 19:11:43|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<天気予報とコントみたいな歯医者 | ホーム | 書き忘れとダメダメな日>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/41-b0d463a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。