本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

快調と帰省

6月1日(木)

 なぜか五時半前にスッキリ覚醒。目が開いたと同時に全身に気力がみなぎってくる。いつもの右肩から右肩甲骨全体にかけての凝りも感じない。なんでだ? 昨日のレイアウト変更で寝る向きを変えたせいか? 風水の類は基本的に信じないが、気味が悪いくらい元気。まぁ、鬱の要因がひとつ無くなったのと、抜けるような青空のひろがる上天気(本日の最高気温予想なんと三〇度!)による気圧の影響などもあるんだろうが。『めざましテレビ』の芸能コーナーで、昨日もふれたマイケル・ジャクソン関連のこんなニュース。
【マイケル「スマスマ」飛び入り………………来日中のマイケル・ジャクソン(47)が31日夜、都内のスタジオで行われたフジテレビ「SMAP×SMAP」の収録に参加した。マイケルがテレビのバラエティー番組に出演するのは世界で初めて。SMAPのメンバーとハイタッチし「僕を受け入れてくれてありがとう」と感謝していた。マイケル出演が決まったのはこの日午後5時30分ごろ。スタジオに到着したのは交渉成立から3時間半後の午後9時。SMAPの5人には知らされていなかったため、午後10時すぎ、歌唱中に“飛び入り”したマイケルにメンバーは仰天。本人とのハイタッチ後も「六本木のそっくりさんじゃないよね」とまだ信じられない様子だ。約10分間のトーク後は、楽屋で談笑。気さくな人柄に感激した5人は、スタジオ玄関まで見送りに行った。フジは26日の来日後から水面下で出演を依頼。当初は31日に日本を離れる予定もあり難航したが、粘り強く交渉。出演料を含めた収録当日の最終交渉も昼すぎから4時間以上続いた。SMAPのジャニーズ事務所とは98年の「J-FRIENDS」の曲を作詞作曲するなど親交があり、その良好な関係も今回のサプライズにつながった。】
 思うにSMAPの皆様は、マイケルと同種の方とふだん親密にされているから、よりスムーズに事が運んだんじゃないですかね?「僕を受け入れてくれてありがとう」と言われて、「いえ、僕らは社長のことも受け入れてますから」とでも答えられたらSMAPもたいしたもんだ。
 上天気のもと、本日も朝から夕方まで出仕事。昼、今夜の帰省用の新幹線チケットを金券屋で買っておく。予報の通り、暑い。ひさびさに「全身にじっとり汗をかく」という感覚を味わう。あぁ、また汗っかきには不快な季節がやってきた……とやや暗たんたる気分になる。
 五時に仕事場を出て、東京駅から半前発の新幹線に乗り込む。特にこれといった用があっての帰郷ではないのだが、この週末を逃したらたぶん年末まで帰ることはできなくなるであろうから、といった理由から。六月の週末は次週以降はすべてなんらかの予定が入ってしまっているし、七、八月は夏休みシーズンで混むから出かけたくないし、秋まできちゃったら年末は目前だからわざわざ帰る気にもならないし……という消極的選択の結果、帰るのなら今週しかない、という結論に達したのである。四十路に突入すると、このさき親といっしょに過ごせる時間もそうはないだろう、という思いが日に日に強くなり、「せめて年に二度くらいは顔を見せておこう」と考えるようになるのだよ若い衆。この程度のことで親孝行、などといってはかなりおこがましいが。
 早い列車に乗れたので、七時前に着いてしまった。空はまだまだ明るいぜチクショー(って、べつに怒ることはないのだが)。八時ごろ到着予定、と親には伝えてあるので、古本屋に二軒寄りながら徒歩にてゆっくり帰宅。ほどなく寄合から帰宅した父と共に近所の飲み屋へ行く。生ビール二杯に焼き鳥などを食す。九時半ごろ戻り、入浴。十一時就寝。近い故郷は「いつでも帰れる」と油断してなかなか帰らないんだよなオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/05(月) 19:08:13|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<墓参と変わらぬ味 | ホーム | ちょっと改善と力仕事>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/420-3c30dec3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。