本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

キチ●イと電気釜

5月26日(木)

 通常時間に起床。今日も夕方まで出仕事也。
 夕方、神田駅まで行くと電車が全線停止中。ほどなくアナウンスがあって、「東京?神田間の線路にお客さまが侵入したため、ただいま上下線ともストップしております」とのこと。JRも大変だなぁ、そんなキ●ガイまでも「お客さま」呼ばわりせにゃならんのだから。というか轢いてやったらどうだ、そんなヤツ。前にも書いたが、死にたがってる人間は死なせてやるのが親切だ。
 やや遅れて新宿着。西口のヨドバシカメラ総合館で一升炊きの電気釜を買おうとするが売り切れとのこと。だったら紛らわしく展示なんかしておくな。せめて「品切れ中」と札でも出しておけ。「御予約を承りますが」といわれるが辞退。入荷待ちしてまで欲しいもんじゃねぇや。近隣の数店をまわるがそちらにもめぼしい品はなし。というか、そもそも一升炊き自体置いてない(ほとんどが五合サイズ)。最近の連中は一升飯を炊かないのだろうか。お米の国の民のはずなのに。
 結局、何も買わないまま帰宅。パソコン起ち上げ、メールチェックしていると、書物系ライター・南陀楼綾繁氏から取材の申し込みがあった。古書情報誌『彷書月刊』のためのものだというが、先日のパーティーには奥様(内澤旬子さん)にいらしていただいたし、そもそも南陀楼氏は以前からのファンであるのでソッコーで「喜んで!」と返信。ふだん眺めている雑誌(すいません、たいてい立ち読みで済ませてます)に自分が載るというのはなんとも楽しみなことである。
 今日もなんだかダラけてしまい、ろくに原稿進まず。『アタックNo.1』を観て就寝。明日はなにがなんでも早く起きて仕事せねばなオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/27(金) 22:31:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<レズビアンと落語ブーム | ホーム | ウリセンと蜷川演劇>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/44-bbb64ded
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。