本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

睡眠障害と獏

6月21日(水)

 寝すぎてしまった! 目覚めたらもう八時。八時間睡眠なんてカタギの衆には当たり前のことかもしれないが、オレの場合は通常、長くてもせいぜい六時間なんである。寝具を変えたせいであろうか。睡眠障害になってしまったのか、それが治ったのか、よくわからん。
 ワイドショーはさすがにどこも昨日の最高裁判決の話題がメインに。判決を受けて加害者の父が「罪を憎んで人を憎まず、と言うじゃないか」「少年法がないがしろにされる」などと一般ヤジウマみたいにお気楽な反論を述べていた。この人には自分が当事者であるという意識が欠落してるんだなぁやっぱ、と改めて痛感。「この七年の間に、息子がいかに精神的に成長したかをちゃんと見たうえで判決を下してほしい」とも訴えていたが、それが、「死ねと言われれば死にますよ」などといきがっていたものが「生きて償いたい」と態度を一変させたことをさしているのであれば笑止。少年法に守られて無期判決、せいぜい七年で出てこられるとタカをくくっていたものが、極刑の可能性がにわかに高まったせいであせりだしたにすぎん。「いまは被害者側のことなんか考える余裕はない。息子のことだけで頭がいっぱいだ」という〆の言葉を受け、大和田獏がひどく憤ったふうな強ばった表情で「……もう少し……考えて……ものを言っていただきたいと思います……」と絞り出すように言ったのが印象的であった。息子に暴力をふるっていたフシがある、女房(つまり加害者の母)が首をくくった、というような余談的情報を取り上げるのはフェアではないかもしれないが、やっぱりマトモな親父ではないんだろうなぁ、と思わされてしまったのは事実である。
 昼前にちょっと外出。郵便局と丸正で用件をすませて帰宅。いろんな野菜をゴロゴロいれた鶏汁(豚は高いので)を作り、メシを炊いて昼食。夕方まで雑事アレコレ。途中、とやまみーやさんから業務電話一本。昼と同メニューの夕飯を済ませて入浴。資料あさりなどをしていると『バディ』誌の担当編集A氏より電話。『HG』がらみのことでお気遣いいただき、感謝。九時ごろより読書少々。焼酎のアセロラ割りを呑りつつ。例によって途中で眠りこけ、目覚めたら零時すぎ。消灯して就寝。気圧の乱れのせいか、世情の狂いのせいか、どうも気分がすぐれんなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/22(木) 19:38:12|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<イビツさと面白さ | ホーム | 乱痴気騒ぎと最高裁>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/06/23(金) 20:59:13 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/440-b446882d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。