本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

悪いオタクと八王子の精霊

5月29日(日)

 七時半頃起床。雑用、朝食、シャワーを済ませたあと、本日の仕事の用意にかかる。今日はオレのセッティングした「唐沢俊一・伊藤文学対談」があるのだ。
 十一時頃出発。総武線、山手線を乗り継いで渋谷まで。いちばん人通りの少ないルート(公園通りやセンター街なんぞ誰が通るか!)を使って東急本店へ。少し早かったので家庭用品売場をぶらつき、しばしステンレス調理器具たちにウットリしたあと(じつはそれらのマニアなのだ)、会場である八階の中華飯店へ向かう。
 個室に行くと、すでに伊藤氏と編集のS-1氏が来ていた。カメラの用意(『薔薇族』用の写真はS-1氏が撮り、オレは自分でプロデュースしている会員制ネット用の動画を撮るのだ)をしていると、夫人の漫画家・ソルボンヌK子先生が先にいらっしゃった。しばらくして唐沢氏も来店。挨拶もそこそこに対談開始(というか、お二人とも話好きなんで逢うやいなや話しはじめているのであるが)。
 それはいいのだが、ここがかなり騒々しい個室なのであった。まず、「日本人が十中八九“ほぉ中国っぽいなぁ”と思うであろうようなBGM」がエンドレスで流れているし、ウェイターがガチャガチャと陶器のぶつかる音を立てながら次から次へとコース料理を運んでくるし(仕事だから当然なんだが)、なにより位置が厨房の横なので調理担当と給仕担当のやりとりが丸聞こえになる。要するに「画は撮れるが音は鮮明には拾えなさそう」なのだ。ひとつの対談を『薔薇族』と会員制ネット(以前にも説明したが、こちらは復刊『薔薇族』とは無関係)とで共有しようというもくろみは、どうやら水泡に帰す感じである。しかしまぁ仕事には直接使えなくとも、後々の資料としてはきっと役に立つであろう。そもそもファンにとってはお宝的アイテムになること間違いないしな。なかなかないよ、こんなレアなツーショット映像なんて。
 対談中、唐沢氏がオレを指して「まぁ、最近はようやっとこういう人(旧来の呪縛に囚われない新種ゲイ、という意味だと解釈しましたが)たちも出てきてるようですし」とおっしゃってくださったんで、「でも変わり者というのはやっぱり疎まれますし、憎まれたりもしますよ。周囲からかなり浮きますし」と返すと、K子先生がすかさず「それはキミはオタクな部分が強すぎるからでしょ」と。ごもっとも。オタクの悪いクセに「似たような匂いを持つ相手に逢うと、つい必要以上にはしゃいでハメをはずしてしまう」というのがあるが、オレもちょっとその手の失態を見せてしまった。帰りのエレベーターの中、
「いやー、ここ(東急本店)に初めて来たのって、八〇年の『まんぱく』(漫画博覧会)のときなんですよー。中野サンプラザに最初に行ったのも、『1000年女王』のイベントでしたしねー」
 などと「悪いオタク」の典型みたいなラチもないことを口走り、唐沢氏を苦笑させてしまった。それでも「オタクだなぁ……」という一言を返してくださったのは、さすが「その手の」ファンを多数擁する氏ならではのサービス精神といえよう。そしてオレは反省しよう。中華を腹一杯食って膨らんだこちらの腹を見て、K子先生が「あら?、ボクぅ、こんなにお腹が出ちゃって。ダメよぉ、モノカキはつねにナルシスティックでいなければ」とありがたいアドバイス(?)してくださったんで、そのあたりにももっと気を遣おう。
 二時ちょっと過ぎに自由になったので、その足で八王子へ取材に行くことにする。今日は月イチの「ゲイの老後(未来)を考える会」の日なのだ。今日の参加は半ばあきらめていたのだが、間に合いそうで良かった。京王線を乗り継いで、三時二〇分頃に八王子着。幸い、会はまだ始まっていなかった。主宰者の勝山氏に挨拶し、しばし待つ。半頃になってようやくスタート。今回は地元の茨城でコミュニティスペース的役割を持ったカフェを開きたいという青年・Hくんが初参加し、会はそちら関連の話題で進む。じつは彼、昨夜「akta」へ運営状況の見学のために来ていたのだという。それを伝えると「やっぱりそうだったんですね」と。あちらもオレの姿は目の端で確認していたらしい。話は、Hくんのプライバシーに関わる事柄なので詳細は省くが、切実な問題であるがゆえに白熱化し、いつもは挟む休憩をすっとばし、時間も一時間以上延長してしまった(いや、それが悪いと言ってるのではない。むしろ具体的な問題を提供してくれたことでいつも以上に熱気が生じたんだから良かったと思う)。
 普通なら、会の後はみんなで調理その他を分担して開く食事会なのだが、今日はその時間もないので外食することに(これは始まって以来のことだという)。連れ立って駅前のパスタ屋へ行ったのだが、「和服にタスキに一本歯の下駄」という勝山氏のいでたちが見事なまでにイマ風な街並とそぐわないので笑ってしまった。なんというか、妖怪とか精霊とか、そういう「異界の住人」みたいに見えるのだ。
「カップルとかが見たら、きっと目をゴシゴシこすったあと、隣の恋人に向かってオズオズと『ねぇ、変なこと訊くけど……あれって、あなたには見えてる?』とか訊くと思うよ絶対」
 と言うと、一同爆笑。「そんな人間、いるわけない!」と疑う人は、ぜひ一度、八王子のバー『Chez Stream』(http://homepage.mac.com/streamcafe/topframe.html)まで来られるといい。
 八時からのバータイム。なぜか話題はいつになくエロ関係、それもここに書くのがはばかられるような生臭い方向へ進んでしまった。初めて来た人が途中から聞いたら、「ここってそういうバーなんですか?」と顔をひきつらせながら訊ねるに違いない。まぁ、オレも豊富な経験をもとに、それなりのアドバイスをさせてもらいましたが。でも、またしばらくぶりにエロ仕事を再開しようかな?、と思う。そういう方面を長期間やらないでいると、世間から変なレッテルを貼られてしまうからな。リブもサブカルもジャーナリズムもオタクもエロも、すべてバランス良くやってこその狩人サンなのだ。人間、肉も魚も野菜も甘い物も全部をちゃんと摂取してこそ健やかでいられるのである。見てごらん、なにかに偏った人間というののタチの悪さを。
 一〇時を過ぎたあたりで辞去。なんせ遠いので、まったりしすぎると帰れなくなってしまうのだ。ここは母の父親が長く暮らした因縁もある土地であるのだが、だからといって駅のベンチでは寝たくないや。中央線経由で十一時頃帰宅。昨夜同様、歯だけ磨いて就寝。明日は取材があるんで早く起きて身支度を整えないとなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/30(月) 23:50:27|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<テレビ収録とトンデモおじさん | ホーム | うかつなオレとakta集会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/47-4542cf2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。