本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ババアと塩じい

4月17日(日)

 前夜は一時近くに寝たというのに六時半すぎに眼が醒めた。酒呑んで寝ると熟睡でき、短時間睡眠で済むのだよオレの身体は。寝るときには世界がゆるやかに回転していたのだが、アルコールは完全に抜けている。頭はすこぶるスッキリ。基本的に呑まない男なんで、肝機能はかなり優れているんだろうな。
 テレビをつけると磯野貴理子・森尾由美・松居直美の三人が。春の改編で午後一時半ワクから姿を消したんで、てっきり終わったのだと思っていたが、こんな時間帯に移行していたとは! しかし六時半で「おそく起きた」もねぇよなぁ、と思っていたら案の定、『はやく起きた朝は…』に変わっていた。ま、当然か。
 シャワーを浴びて出てくると、ちょうど“スーパーヒーロータイム”の時間。『魔法戦隊マジレンジャー』と『仮面ライダー響鬼』を観る。響鬼には“魔化魍”というでっかいバケモンと、それを育てる“姫”と“童子”というカップルの妖怪が出てくるのだが、こいつらが毎度々々、これでもかというくらいキモチ悪いやり方で人間を殺し、喰ってしまうのである(今日の回では喰わなかったけど)。観てるガキんちょたちの絶対トラウマになるよなぁ、といつも思う。『スペクトルマン』の“バクラー”がオレのトラウマになっているように。
 それらを観ながら日記つけ、mixi、連絡メールいくつか。終わって朝食。『サンデージャポン』観ながら再びパソコンに向かう。ここにも登場、例の騒音ババア。爆笑問題の太田が「カンニングの竹山と組ませたらいいんじゃないですかね」と言っていたが、いやいややっぱり中国に送り込むべきだ。テロ隊の前にたちはだかり、「まだそんなことやってんのかァ?! 早よやめろッ、早よやめろッ」とわめきながら布団でも叩きはじめたら、いかな連中でもビビらざるをえないだろう。なお同番組の独自調査によって、ババアの立てていた騒音は、松野明美のお喋りを間近で聞かされるのと同レベルのものと判明。なるほど、そりゃキツイ。
 十一時半頃、丸正へ買い出し。こんなにポカポカしているのか、とはじめて知る。
 昼食後、『薔薇族』のシネマページ用に、昨日観てきた薔薇族映画のあらすじを書きはじめる。「覚える」という機能がほとんどオフ状態の頭なので、早くやっとかないとどんどん忘れはじめるのだ。
 夕方、漫画家のソルボンヌK子センセイより会員制ネットに載せる作品の件でメール。ちょうどこちらからも訊きたいことがあったので、渡りに船である。
 夕食、入浴を済ませて再び映画ページ作成。“影坂狩人探検隊”にも参加してくれている友人の漫画家・阿部一彦くんにそれに使うためのイラストを数点発注。じきにできる、とのこと。彼は仕事が巧くて迅速なので、たぶんホントに早いんだろう。
 日テレの『真相報道バンキシャ』に、またもババア登場。コメンテーターの塩ジイが、至極まっとうだがテレビで言ってはまずい感想を述べ、司会の福沢朗をあわてさせる。強ばった表情で「そういうことは言ってはいけません」「そんなことはありません」と繰り返す姿が笑えた。いろんなところでいろんな迷惑をかけているなあババア。オレの「中国派遣案」もやっぱり否定するのかな福沢は。
 映画ページ、佳境に。K子センセイよりまたもメール。こちらの質問の、かなり有効な回答を寄せてくださった。感謝!
日曜劇場『あいくるしい』で、神木隆之介がいじめっ子にパンツをおろされ、野原しんのすけの十八番である“ぞうさん”を描かれるシーンが登場。尻丸出し。いいのかこれは条例的には? ラストでは兄役の市原隼人とヤオイ女子が死ぬほど喜びそうな場面も。野島伸司のドラマは、なーんかいつもそこはかとなくホモっぽいんだよなぁ。
 続く『世界ウルルン滞在記』では俳優の浦井健治がインドでレスリングと相撲のアイ●コみたいな競技に挑戦。久々に“脱ぎ”と呼べるレベルの映像が拝めた回で、さぞやみんな喜んでいることだろうさ。ちなみに彼はまだ二十三歳。『仮面ライダー クウガ』で怪人(作中では“未確認生命体”と呼ばれていた)の長、“ン・ダグバ・ゼバ”を演じていたときっていくつだったんだろう。ラス前、まだ“ホリケン”みたいだったオダギリジョーと生身の姿で殴り合ってたのが懐かしく思い出される。
 映画ページ、かなり完成に近づく。零時ちょっと前、阿部くんから「できました?」とメール。うわっ、ホントに早え?なぁ。さっそくレイアウトに組み入れる。うん、なかなか良いゾ。関係者諸君、急ぎの仕事は阿部くんに発注しよう。
 時計を見ると一時ちょっと前。月曜も朝から出仕事なんで、そろそろ寝ないとマズイ。あと一割程度の作業を残したまま、後ろ髪ひかれ隊状態で就寝。疲れがたまっていたのか、あっという間に夢ン中。今日は久々にマジメに原稿書いたなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/18(月) 18:55:52|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<クドカンとピンクレディー | ホーム | 世界傑作劇場と溝口くん>>

コメント

インドの山奥で…

ではなかったけど、今回のウルルン@浦沢くん
の“修行”…あまりにキョーレツなシーンのオ
ンパレードだったので、気持ちの整理がついた
ら、俺も日記に書こうと思ってます(笑)。
ありゃ、それまで自分の中では“伝説”だった
坂口憲二の回を、軽々と超越しちまいました。

それはそうと、あの「騒音オバさん」、あちこ
ち出まくりですね。
ま、あんだけインパクトあれば仕方ないけど。

今の中国の暴動制圧…に投入しても、まだまだ
エネルギーあり余っちゃう気がするの、俺だけ
ですか?(笑)
  1. 2005/04/19(火) 20:41:04 |
  2. URL |
  3. 涼人 #-
  4. [ 編集]

余った分は……

発電にでも使いましょう。
たぶん原発二基分くらいには匹敵するかと。
  1. 2005/04/19(火) 21:05:31 |
  2. URL |
  3. 影坂狩人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/5-ddcf283a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。