本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

当たり役と久世光彦

9月17日(日)

 八時起床。大型台風が日本に接近しているとかで、今日は天気がグズつくらしい。録画しておいた『轟轟戦隊ボウケンジャー』を観る。今回は、着ぐるみ悪役“リュウオーン”の声を演じている森田順平が、人間時代のリュウオーン役で顔出し出演。しかしこの人、『金八』の“数学教師カンカン”のイメージがあまりにも強く、顔出しだと何を演ってもその影がちらつく。武田鉄矢をはじめとする他のレギュラーたちが様々なドラマで活躍している中、この人だけは顔出し仕事にあまり恵まれておらず、自然、声の仕事が多くなってしまっている。役者にとっての“当たり役”の功罪というものを現在進行形で体現してくれている人であるよなぁ。
 朝食のあと、雑用少々。仕事も少しするが風邪のせいか気圧のせいか倦怠感がひどく、三時ごろからちょっと昼寝。千葉向月さんからのケータイメールの着信音で起こされる。四時四十五分、「男博」で使用予定のある映像作品のチェックのために千葉さん来る。半分くらい観たところでタイムアップとなり、五時四十分、小雨のなかを外出。新宿西口「J28スタジオ」へ。神ひろしさんが来年早々NYで公演するギリシア悲劇『王女メディア』の公開リハーサルを見せていただくのだ。さわりの部分を鑑賞してから、集まった面々で交流会。中に、先ごろ亡くなられた久世光彦氏のお弟子筋の方がいらしていて、『水曜劇場』に関する私的考察などを述べさせていただく。と言えば聞こえがいいが、要はたんなるマニアの戯れ言である(笑)。「男博」の宣伝などをさせていただいてから、九時半くらいまでいて辞去。千葉さんと再びわが家まで戻り、残りの映像を観る。十時半近くまで打ち合わせ。千葉さん帰ってから入浴。『堂本兄弟』を半分くらい観てから十一時半ごろ就寝。久世ドラマの中でも半ば黙殺されている『せい子宙太郎』がじつはけっこう好きなんですオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/20(水) 00:24:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<封印と復刻 | ホーム | ぶらり旅とヘンタイ地獄>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/528-0b4dce50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。