本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

封印と復刻

9月18日(月)

八時半起床。台風の影響か、降ったり曇ったりしていて、とにかく湿気がすごい。久々にエアコンをかける。ネットに芸能ニュースがふたつ。
【細木数子さん猛抗議でDVDボックスから削除「トップキャスター」第3話………………今年4月期にフジテレビ系で放送された“月9”ドラマ「トップキャスター」が、1話分を丸ごと削除した形でDVDボックス化されることが17日、分かった。削除されたのは、占い師の細木数子さん(68)を思わせるキャラクターが登場する「第3話」。放送直後、細木さん側が抗議し、フジが謝罪していた。
 問題の「第3話」は5月1日に放送された「恋愛運ゼロの逆襲」。人気占星術師・宮部天花(黒田福美)とキャスターの椿木春香(天海)が番組内で対立。逆ギレした天花は、春香の運勢は最悪だと言い放ち、改名をしないと運勢が変わらないなどと要求した。しかし、春香らのその後の取材によって、天花に家をだまし取られたという被害者がいることが分かり、占いもインチキだったことがバレる、というストーリーだった。フジでバラエティー番組「幸せって何だっけ カズカズの宝話」に出演している細木さん側は、自らを思わせる占い師が“悪役”で登場したことに猛抗議。抗議を受けたフジ側は謝罪した上で、パッケージ化などの際には配慮することなどを約束して和解していた。
 関係者によると、ドラマ制作サイドは「第3話」もDVDに収録するよう要望したが、同局の“政治的判断”によって削除が決まったという。DVD化にあたり特典映像がつくのは今や当たり前だが、1話そっくり削除という措置は極めて異例だ。フジ広報部では「今回の件で改めてコメントすることはありません。また再放送の際にどうするかはまだ決まっていません」としている。】
 ここにまた新たな“封印作品”が生まれた……。とはいえ、最近はネットの映像交換サービスが普及しているから、昔のような「幻の●●」ということにはならんだろうが。しかしかつての封印作品は主に人権擁護団体などの抗議によって誕生したものだが、いまや一介のクソババアの被害妄想ごときで簡単に生まれてしまうものなのだね。今回の意趣返しとしてフジは、いずれ細木の威光が薄れたらトコトン再放送しまくってやればいい。なんだったら三話だけをエンドレスで流し続けたっていいぞ(笑)。
【由貴、ナンノ、唯の「スケバン刑事」主題歌がCD復刻………………歌手、松浦亜弥(20)の主演映画「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」で“スケバン刑事”が再びブームとなる中、1980年代にフジテレビ系で放送されたシリーズ3部作と映画2作の主題歌、挿入歌を集めた「スケバン刑事 ラスト・メモリアル?麻宮サキよ永遠に?」がCD復刻。20日にソニーミュージックから発売されることになった。初代スケバン刑事、斉藤由貴(40)が歌った「白い炎」をはじめ、二代目・南野陽子(39)の「さよならのめまい」、三代目・浅香唯(36)の「STAR」など、3女優による12曲を収録。63年にカセットテープで限定発売され、マニアの間では幻の好企画盤として珍重されてきた。3人がヨーヨーを構えるポーズを決めた、ピンナップ3枚も封入されている。“あやや版”の公開を前に、こちらも話題を呼びそうだ。】
 ちょっと訂正しておくが、このアルバムはべつにテープだけで売られたわけではない。「CD」「レコード」「テープ」の三種類がリリースされたのだ。ヒロイン三人はそれぞれ所属レコード会社が違うため、本来ならすべてを一枚に収めることは不可能なのだが、「スケバンシリーズ完結」という慶事(?)のため、超法規的措置によって実現されたのである。その際、三社が「CD」「レコード」「テープ」のどれかひとつを選んだのだが、オレが買ったCD版はたしかポニーキャニオンの発売だったと思う。たぶん力関係によって決められたんだろうが(どこがスカを引かされたか、とかはオレもオトナなんで言いませんが)、まぁそういうことなんである。それはともかく懐かしいものを復刻するもんだ。四十、三十九、三十六というヒロインたちの現年齢が「昔の作品だったんだなぁ?」という感をいっそう強めてくれるが(笑)。
 今日は祐人のライブが横浜であるのだが、まだイマイチ体調が良くないうえに天気も悪いので、遠出するのはちときつい。なのですまんがパスさせてもらい、たまった仕事を一日かけてマジメにやることにする。午前中は昨年スーパーバイザーをやらせてもらった復刊『薔薇族』の全号みどころリストを作成、午後からは『バディ』の連載原稿を。ともにサクサク進み、五時ごろにはほぼ終了。夕食、入浴のあと再チェックしてから編集部に送信。終えてヤレヤレ、と思ったら見落としていた資料がたまたまひとつ見つかる。しまった、これも入れればよかった! とも思ったが、どのみち文字数的に盛り込むことは不可能であるから、まぁ、見つけなかったことにしておく(笑)。七時くらいから資料読み込み。東京MXテレビ『西遊記2』『水曜どうでしょうclassic』などを観てから零時就寝。大事をとったおかげで風邪は九割五分くらいは治ったなオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/20(水) 00:25:27|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ロフトのロフトと駄菓子パーティ | ホーム | 当たり役と久世光彦>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/529-d8e2abf9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。