本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

お引渡し二名と最後のミーティング

10月1日(日)

 七時起床。午前中は雑用などをアレコレ。昼すぎ、劇団フライングステージの石関準くん来る。友人の日舞の発表会へ行く前に、「男博」前売りの受け取りに寄ってくれたのだ。チケットを引渡し、お茶を一杯飲んだだけであわただしく別れる。ご多望な中、わざわざお寄りいただきまして感謝です。
 雨の中を四時半外出。五時ごろ西新宿でカミングアウト・コンサルタントのかじよしみさんと「男博」前売り引き渡しのために落ち合う約束なのだが、かじさんは五時まで誰かとの打ち合わせがあるということなので、青梅街道のプロントでコーヒーなどを飲んでいると、ほぼ時間きっかりにかじさんから連絡が入る。プロントがぼちぼちバータイムに入ってしまうので出て、ベローチェへ入りなおす。六時からの予定だった「男博」ミーティングが、千葉向月さんの体調の問題で七時半に変更になってしまったので、申し訳ないがかじさんにお話し相手になっていただく。チケットをお渡ししてから、仕事のこと、業界のことなどアレコレ話すが内容についてはオフレコです(笑)。お茶会、七時すぎまで。なんだかんだ二時間近くも付き合っていただき恐縮である。
 帰途につくかじさんと新宿駅で別れ、ミーティング会場である二丁目ジョナサンへ向かう。すでに開催日まで二週間をきっているので、もうこれ以上悠長に打ち合わせなんぞやっている場合ではない。なので今夜で全体で顔を合わせるのは最後にするつもりである。七時半、千葉向月さん、沢木壮くん、晴海くんと落ち合い、店内へ。最後ということで、議題に漏れはないか注意をはらいながら話を進めていく。結局十一時すぎまで。店の前で終電の近づいている千葉さんと別れ、とある件の確認のために某店へ行く。その後、新宿駅へ。駅前で二人と別れ、強さを増していく雨の中を帰途に。零時ごろ帰宅。入浴し、パソコン起ち上げミクシィを覗くとこんな訃報があって驚く。
【コミケ創立メンバーで漫画評論家、米沢嘉博氏死去………………米沢嘉博氏(よねざわ・よしひろ、本名・米澤=コミックマーケット準備会代表、漫画評論家)1日、肺がんのため死去、53歳。明治大学在学中から批評家集団「迷宮」の活動に参加。「藤子不二雄論?Fと(A)の方程式」で日本児童文学学会賞を受賞。日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット」の創立メンバーの一人。】
 いまや米沢氏といえば“コミケの人”という認識で語られている感が強いが、オレが最初に認識したのは“漫画評論の人”であった。一部のマニアのイベントでしかなかったものを社会現象、ある意味“日本有数の奇祭”にまで昇華させた功績は大きいよなぁ。オレは氏のサイン本を持っているのだが、久しぶりに再読してみよう。ご冥福をお祈り致します。合掌。
 零時半、就寝。人生の真価は“どれだけ生きたか”よりも“どのように生きたか”だよな、と改めて思ったオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/02(月) 19:55:03|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ヒゲとアムロ | ホーム | 世田谷区と品川区>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/543-15a270f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。