本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

叱る親父と精算会

10月18日(水)

 七時起床。京也の容態もだいぶ安定した模様。しかしそれをいいことにまたぞろハードワークに走りがちだからなぁ……。親父としては今度の一件で、少しは自分の肉体的キャパシティというのを自覚してほしいところなのだが。人間の「やりたいこと」と「できる限界」との間には深くて暗い河があるのだ。以前、仕事を上がってから誘われるままオールナイトのクラブイベントなんぞにノコノコ出かけていき、翌朝そのまま眠らずにまた仕事に行く、などというバカなことをしたとき、場合によっては勘当も辞さない覚悟でこっぴどく叱りつけたけれど、オレがどうしてあれほどキツい物言いをしたのか、果たしてヤツはちゃんと理解してくれているのだろうか。いくら若いからといって、そんな無茶をしてマトモに済むはずがない。ましてや元々身体が丈夫なわけではないのだから。不摂生をしながら強くもない肉体を限界以上に酷使した結果が、今回の発症につながったのだとオレは思うぞ。
 よくいろんな人と話すのだが、文であれ画であれイベントであれ、モノを創るうえでまず大切なのは「健康」と「体力」である。才能なんてのは二の次。そんなものがちょっとくらいあったところで、病弱なのではいざというときの踏ん張りというものがきかず、結局つぶれてしまう。また、自分に対するアンチの意見にも簡単にメゲてしまうのだ。自堕落な生活のせいで体内時計や免疫システムが狂い、時間にルーズであったりとか、年柄年中風邪気味であるとか、そんなヤツにまともなモノなんか創れる(まともに仕事が任せられる)道理がないのである。そもそも不健康な人間というのは思考までも不健康になりがちだ。被害妄想におちいり、オレにギャーギャー言ってくるヤツというのはたいがい病んでいる。人間は健康であってはじめて、健全なケンカもできるし、健全な悪口だって言えるのである(笑)。クリエイター=夜型人間=不健康なほどイイ、なんて根拠のない妄想(もしくは作為的に流布されたデマ)はいいかげん打破しなくちゃイカンな。誰になんと言われようと、人間というのはやはりキッチリ食事をし、お日様を頭上にいただきながら活動するのを基本とする生きものなのだ! 最近は親も教師も「子どもの自主性」とやらを重んじ、叱るという行為を封印しているそうだが、オレは「悪いものァ悪い」とビシバシ叱りつける親父でいくかンな!
 本日も朝から夕方まで出仕事。出勤前に『薔薇族』の原稿をポストに入れる。書いたモノを投函、なんて行為、いったいどれくらいぶりであろう。五時半、新宿。京也から「もう安心なのでアパートに帰ります」とメールあり。やや心配ではあるが、まぁ当人がそう言うのだからなぁ。「治ったからといって無茶はしないように」と返信しておく。
 紀伊国屋書店を覗いたりしながら時間をつぶしたあと、七時、西口のタリーズコーヒー。千葉向月さん、晴海くん、沢木壮くんと「男博」の精算会。これでようやくあのイベントの事務的作業が終了である。八時半ごろまでやって終了。神ひろしさんたちへの謝礼が支払えればと思い電話をかけるも、すでに事務所を出てしまったとのこと。しかし今から引き返して来るとおっしゃるのでベローチェの前で待ち合わせ。ややあって、神さん到着。改めてお礼を述べ、立ち話。あれやこれや長話になり、気がつくと十時半! いい大人たちが雁首そろえて、コンビニ前にたむろしているガキみたいなことをしてしまった。オレの預かり物の一部を千葉さんに渡すため、神さんを含む一同、いったんわが家まで。そこで神さんは帰る。千葉さんに荷物を渡したあと、彼らを途中まで送りがてらコンビニまで。パンを買って帰宅。疲れたので入浴はパスして就寝。「男博」も、ほぼ終わって安堵するオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/23(月) 19:06:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<999と丹波邸 | ホーム | 戻らぬ息子と新ペンネーム初お披露目>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/563-6dccffe5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。