本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

小説と石立鉄男

6月8日(水)

 九時起床。しまった、ノンキに六時間も寝てしまった! バナナ・クッキー・牛乳で朝食を摂り、あわてて仕事。小説は後まわしにして他の原稿に取りかかる。ひとつのことばっかやってると、いかに好きな仕事とはいえ飽きてくんのよ。『渡鬼』再放送も、すでに第二部に突入。長子(藤田朋子)と敵対する兄嫁を、子どもの頃から大ファンの声優・岡本茉莉さんが演っている。岡本さんは後のシリーズでも加津(宇野なおみ)に嫌われまくる担任の先生という、やはり憎まれ役を演じているが、昔は“花の子ルンルン”だとか“ヤッターマン二号”といったヒロインを正統派の美声で彩っていた人気声優だった。ずっと前にアニメの第一線からは退いてしまっているが、ホントに惜しいことである。
 溝口哲也くんからmixiメール。連載ページで使う彼の写真を初回だけ『QUEERJAPANreturns』用に撮られたものを流用させてもらう(急に今月から、ということになったのでこちらでの撮影が間に合わないのだ)という件、先方のOKがとれました、とのこと。とりあえず助かった。関係者の皆さんに「迅速な御了承、ありがとうございました」とお伝えください、と返信。さっそくダウンロードしてみる。おぉっ、エッチな姿の溝口くんがいっぱいだ。これはきっと●●くん(個人の名誉にかかわる問題のため自主規制)が欲しがるだろうなぁ、と思う。文字だけ組んであったレイアウトへ張り付け、とりあえず溝口原稿完成。
 丸正へ買い出しに行って昼食。『徹子の部屋』のゲストは西島秀俊。ずばぬけて美形でもないし、特に華があるというわけでもないのに、なんとなく息が長いなぁ彼は。『あすなろ白書』で同性愛者役をやっていたのはすでに十二年も昔のことになるのか。
 薔薇族映画評論のため、ビデオ鑑賞一時間。観賞後、執筆開始。『少年ドラマシリーズ』やら『ウルトラセブン』の十二話だのとかなりオタク色の強い切り口から書いてみることにする。なぜそうなったのか、どんな映画を取り上げたのか、というのは今月末発売の八月号を読んでのお楽しみ。タダで教えてやるほど親切な男じゃねぇぜ。
 四時過ぎ、ドラッグストアへ行きがてら、駅で『夕刊フジ』購入。今日の登場は櫻田宗久くんである。彼についても、かなり好意的に書かれている。これを読んで『薔薇族』を買いにいく、元ファンのリーマンゲイとかいたらおもしろいなぁ。しかし記者のU氏は絶対、櫻田くんのファンだったと思うぞ。インタビューの様子からも伝わってきたが、文章のはしばしからもそのあたりの想いが伝わってくる感じ。
 編集S-1氏からケータイに、“困っちゃいました”メール。対談のテープ起こしの先方チェック作業が滞っており、弱っております、と。最悪の場合の打開策を練って、とりあえず返信。今月もキツキツのスケジュールで進行している模様。それでも最後は本になるのは、現代の七不思議のひとつであろう。
 一般公募コラムに、mixiを通じて六本も送ってきてくれた人の原稿、うち一本を採用。プロフィールを至急送られたし、とメール。
 夕食後、先日取材したヨシダヨシエ先生の原稿まとめ。テレビはフジテレビ『超豪華競演!堺正章&井上順の時代を飾ったあの名曲たち歌って笑って生放送!2』。サッカー北朝鮮戦にぶつける対抗プログラム(三時間生放送!)なのだが、“中尾ミエ、小林幸子、九重佑三子、小川知子、中村晃子、園まり、じゅん&ネネ、黛ジュン、中条きよし、岡崎友紀、桜木健一、辺見マリ、日吉ミミ、大信田礼子、渚ゆう子、欧陽菲菲、山本リンダ、あべ静江、太田裕美、城みちる、松本ちえこ、あいざき進也、アグネス・チャン、リリーズ、ほか全40曲”という惹句は七〇年代歌謡曲マニアとしてはかなり魅力的。ほとんど全曲、いっしょに口ずさんでしまって仕事に多大なる支障が。個人的には岡崎友紀の『なんたって十八才』と桜木健一の『コンクリートジャングル』が聴けたのが嬉しかった。岡崎友紀のサプライズゲストとして石立鉄男が登場したのだが、なんか見た目がRPGゲームに出てくる鍛冶屋みたいになっていて笑った。歌舞伎町の火事の一件は、もはやなかったことになっているのだろうか。あと、中村晃子がなんかヤマンバみたいになっていて、ファン(はじめて唄ったカラオケ曲が彼女の『恋の綱渡り』だった)としてはちょっとショック。まぁ、彼女ももう還暦だもんなぁ。『可愛い魔女ジニー』を演るのはもはやキツいのかな? いや、あれは声だけだからべつに問題ないか。観ながら無性に歌謡曲が唄いたくなってきて困る。誰か誘ってカラオケにでも行きたいところだが、このジャンルに通じた友人知人というのはあいにくオレの周辺にはいないのだ。悲しい。
 一〇時過ぎ、ようやく仕事に集中。『パレット』の仕上げ。今日のテレ朝はサッカーのせいで『マシュー』も『正直しんどい』もナシ。まぁ、そのほうが仕事に身がはいってイイのだが。ヨシダヨシエ原稿、京也の原稿と阿部くんのイラストと合わせてレイアウトにかかる。明日も早いので一時には終わらせたかったのだが、そうもいかず。結局、二時近くまでかかってしまう。ヨレヨレ状態で就寝。とりあえず後は特集の構成だけになんったぞオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/10(金) 12:16:25|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<南陀楼綾繁氏と久々の徹夜仕事 | ホーム | 記事になったオレと『ガラスの仮面』の謎>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/57-b703dc92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。