本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

書評『エロの敵』(安田理央・雨宮まみ/翔泳社/1500円+税)

 この本の第一印象は、
「あ、教科書」
 だった。本文の書体(フォント)、級数(フォントサイズ)、組み方、どれをとってもあの懐かしい学業の友を彷佛とさせるのだ(ついでに手触りやの重量感も)。そして構成がまた一段と「教科書」。ワンテーマが最大でも二・五ページと短く、編者の感情を極力排した簡潔かつ客観的な文章でまとめられたそれらが、淡々と積み上げられていくのだ。
 いや、体裁や構成の話ばかりしていても仕方がないな。肝心の「テーマ」の話をせねば。
 ビデオデッキの一般家庭普及にはオマケAVが大きく貢献した、という四半世紀も前の逸話を持ち出してくるまでもなく、「エロ」の持つ力には底知れぬものがある。レンタルビデオ店が全国津々浦々にあれほど急速に広まっていったのも、やはりエロパワーあってのものだろう。健全なるロードショー映画だけでは、あれほどの隆盛は極められなかったはずだ。絶対。
 そのエロがいま急速に活気を失いつつある。いや、正確には「商材としてのエロメディアが」だ。インターネットで入手できる無料オナニーツールの台頭はいちじるしいので、一般ユーザーには「エロの衰退」などと言って全然ピンと来ないかもしれないが、危機的状況にあるというのは誇張でもなんでもない。エロで食っている人々は個人差はあれど、ほぼ例外なく青息吐息の状態なのだ。しかしまぁ、
「人間に性欲のある限りエロの需要が落ちることはない。だから、エロは不況に強い」
 なんてお気楽な都市伝説的学説(?)が、一般マスコミ人の間ではいまだ信じられているそうなのだから、シロート衆が気づいていないのも無理はないか。
 本書は、今日の未曾有の危機の原因が何であるのかを探るべく、アダルトメディアの歴史を、ヌードグラビア誌の元祖といわれる『100万人のよる』が人気を集めた昭和三十年代までさかのぼりながら検証したものである。冒頭で「教科書」と書いたが、まさにエロ界の「歴史教科書」。一時代や一分野を、特定の集団などを通して思い入れたっぷりに語ったものは過去にもいくつかあったが、これほど「広範囲」で、かつ「事実の列挙」に徹した資料というのはおそらく前例がない。
 閑話休題。タイトルに用いられている「エロの敵」とは、従来のそれであった官憲やPTAなどを指すものではない。それらによる「規制」「糾弾」というのは、仕組みがいたって明解であるから敵としては御しやすい。裏をかくことも比較的容易にできるし、逆に利用することだって可能なのだ。
 安田・雨宮両氏が「敵」としているのは、そんな単純なものではない。半世紀以上も連綿とつづいてきたエロ文化の存続を危ぶませている、「何か」のことなのだ。その「何か」とは単独のものではない。複数の要因が複雑にからみあって誕生したキメラのような怪物なのだ。本文の導入部で私は、
「インターネットで入手できる無料オナニーツールの台頭はいちじるしい」
 と書いたが、このあたりがその怪物の中核、関係者の誰もが認める目下最大の「エロの敵」であろう。最終章「エロは無料の時代」において安田氏は、AV業界に大打撃を与えている「ファイル交換ソフト」に触れ、国家機密の漏洩事件などで一躍悪名をはせた「Winny」について、アングラネットの事情通という人物からこんなトンデモナイ証言を引き出している。
「ほとんどの人気AVは見つかりますよね。S1の新作なんか、発売日の前日に流れてますよ。どうも中国の方のサーバーから来てるみたいなんですけど。(中略)こういうファイルを流してるのは、職人って言われてる人たちなんですよ。自分でDVDを買ったりレンタルして、データを吸い出して編集して、ジャケットのデータまでつけて流してますからね。どうしてわざわざそんなことをするかというと、単に喜ばれたりチヤホヤされたいだけなんです。いわばボランティア。それによって、メーカーに打撃を与えようなんて悪気はないんですよ」
 うひゃあ、これでは業者はどうやったって勝てるわけがないではないか。躊躇というものを知らないぶん、悪意のない暴力くらい恐ろしいものはないのだ。いや、ノンキに悲鳴などはあげてられない。私自身、「エロにどっぷり」と言うほどではないが、それでも半分くらいは浸りながら仕事している立場なのだから。他人事みたいな顔して語っている場合ではないのだ。
 果たしてこの状況に対する有効な対抗策はあるのか? という話になるのだが、安田氏は本書をこんなふうに締めくくっている。
「これだけ『エロはタダ』という概念が定着してしまった今、アダルトコンテンツを売るという発想では、難しくなっていくだろう。『エロは貴重なものである。だから買うべきだ』という従来の前提を捨て去り、全く新しい考え方が必要になるのだ。(中略)今から10年後、今の30代が40代になり、20代が30代になった頃、アダルトコンテンツはどんなユーザーが支えることになるのだろうか? 誰もエロにお金を払わなくなったとき、エロメディア、いったいどう変化するのだろうか?」
 そうなのだ。巨匠ミヤザキの大作アニメと同様(笑)、長い時間をかけてどれだけ語り尽くしたところで、答えなんか出てくるわけがない。このテーマは、それほど大きく、複雑な、構造的問題なのだから。タダ、無料、フリー、ロハという響きはたいていの人間が歓迎するものである。しかし、「タダより高いモノはない」という言葉があることも、人は知っておかねばならない。
「タダのエロ、万歳!」
 と我が世の春を謳歌している御仁は、そのあたりのことはキチンと考えておられるのだろうか? 未曾有の状況であるのだから、果たしてその後になんらかのシッぺ返しが来るものなのか、もしも来るとしたら一体どのようなモノなのか、皆目見当がつかないのである。ひょっとしたら取り返しのつかないような事態がこの先に待っているのかもしれないが、それはそれで甘受しなければならないでしょ。自分たちが進んで選んだ道なんだから。
 おっと、話がちょっと「タダエロ論」に偏りすぎてしまった。無料コンテンツは確かに「敵」のひとつではあるが、決してそれが全てなわけではないのだ。先に述べたように、「エロの敵」とは複合的な怪物である。それと闘っていくためには、全体を把握し、総合的に対処していく必要があるのだ。そのためには、エロを愛する一人ひとりが現実を正しく見据え、冷静に策を練らなければならない。
 その際に、この「教科書」はきっと真価を発揮すると思うのだけれど。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/31(火) 13:20:12|
  2. 書評|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<切り捨てられた民と三千円 | ホーム | 老会と狂った調子>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/575-7ac4cde8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。