本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

南陀楼綾繁氏と久々の徹夜仕事

6月9日(木)

 七時起床。今日は夕方から取材を受けるので朝風呂に入る。写真を撮られる撮られないにかかわらず、取材のある日は必ず朝風呂に入ることにしている。これはオレなりの先方への礼儀なのだ。ワイドショーは、やっと貴乃花色が薄れかけたが、その代りというのがW杯。いずれにしても不愉快な話題である。「相撲取りの血族不和」も「国威発揚まつり」も、オレにゃぁどうでもいいことだわさ。
 ネットニュースにホモ関連記事ふたつ。【児童買春で元教頭逮捕=16歳少年に6000円?現職当時に・愛知県警…………16歳の少年に現金6000円を渡し、みだらな行為をしたとして、愛知県警少年課と碧南署は8日、児童買春・ポルノ処罰法違反の疑いで同県西尾市八ツ面町、元小学校教頭長坂実容疑者(55)を逮捕した。長坂容疑者は事実関係を認めたが、「18歳以下とは思わなかった」として容疑を否認している。同署などは余罪があるか調べている。調べによると、長坂容疑者は1月22日午後4時20分ごろ、同県碧南市内のゲーム機販売店で、16歳だった会社員の少年に声を掛け、現金6000円を渡し、車の中でみだらな行為をした疑い。少年の家族からの通報で発覚した。県教育委員会によると、長坂容疑者は当時、同県知立市の小学校教頭だったが、2月16日、一身上の都合を理由に依願退職した。】 
【中2男子に「誕生日書いて」=付きまとい24歳男を逮捕?兵庫県警…………中学2年の男子生徒に付きまとい、「誕生日を書いてください」と要求するなどの行為を繰り返したとして、兵庫県警三田署は9日、ストーカー規制法違反の疑いで同県三田市乙原、無職高内能行容疑者(24)を逮捕した。同容疑者は容疑を認めているという。】
 前者はよくありがちなパターン。ガキというのはなんとも気まぐれな生き物で、急に変な良心とかがわいてきたりする(自分にもおぼえがある)ので、犯罪の片棒を担がせるのは非常に危険である。今回もきっと、急に噴出した良心の呵責かなんかのために、親にチクッた結果の露見であろう。男買うときはそこそこ歳くってスレたのを選ぶべきである。まぁ、そんなやつをわざわざ「買いたい」と思うかどうかは別にして。後者は、悪いけど笑ってしまった。「つきあってください」ではなく「誕生日を書いてください」というところがポイント高し! シュールというか、『大人計画』の芝居みたい。あるいは吾妻ひでおとか唐沢なをきの漫画に出てくる偏執狂とか。いずれにせよ、実際にそばに来られたらイヤだが他人事として聞くとかなりおもしろい。
 夕方まで出仕事。道すがら『夕刊フジ』購入。四日連続の『薔薇族』特集記事、今日が最終日である。相変わらずの“文学節”炸裂で、また「キ????ッ!!」となるゲイの皆さんがいっぱい出てくるんだろうなぁ、とニヤニヤ。しかし最終回なのにモノクロというのはなぜ?(これまではずっとカラー)まぁ、そのほうが文学氏らしいと言えなくもないが。
 五時半、メディアソフト『薔薇族』編集部。今日は『彷書月刊』という古書情報誌用の取材である。インタビュアーの川上進氏は、南陀楼綾繁(ナンダロウ・アヤシゲ)というペンネームで活躍する書物系ライターでもある。オレも数年来のファンで、以前、神保町の書店で著書を購入した際、ちょうど来店していた氏にサインを頂戴したことがある。
 こちらの手違いで、河上氏が道に迷うというハプニングがあったが(すんませんです)、なんとか無事にたどり着け、取材開始。奥様の内澤旬子さんも途中から加わり、例によって持論をまくしたてる。テープが終了してもなお延々と続くのだから、われながらお喋り野郎であるなぁ。ちと反省。オレは自分の立ち位置を見失わないために、つねに「タダ仕事」というのをやっていこうと思っている(とても面白いとか、意義があるという場合ネ)のだが、じつは河上氏はその道の大家である。「非営利でいいので、なにか、ステレオタイプではないゲイの姿をアピールできるようなものがあったらご紹介ください」とお願いしておく。
 お二人が帰られたあと、編集スタッフと雑談その他。次号の「探検隊」の取材先にアポ取りなど。今月もまた信じられないようなスケジュールになっているらしい。楳図かずおの漫画なら、おそらく「ひえっ!」といってひっくり返るところだろう。
 明日朝までに上げねばならない仕事のデータをMOに移して十一時四〇分辞去。山手線で零時半頃帰宅。パソコンを起ち上げると、『夕刊フジ』U記者より取材のお礼メールが来ていた。義理堅い人だなぁ。
 入浴し、カロリーメイトをかじりながら、仕事開始。99年にタイで物故したアーティスト「長谷川サダオ」特集の構成。先週チョイスしたイラスト類に文章をつけていくのだが、これが意外と難航。調子に乗って書きすぎ、掲載にあたって大幅に文章をカットされてしまった月光先生のときと違い、いまひとつ馴染みのない方なので、ところどころで筆が止まってしまう。それでもなんとか書き上げて、四時一〇分、編集部へ送信。歯を磨き、白みはじめた空を見ながら半頃、就寝。こんな時間まで仕事したのは久しぶりだなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/10(金) 12:18:10|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<あせりとヒロポン | ホーム | 小説と石立鉄男>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/58-1da64c43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。