本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

閉店と東京タワー

11月19日(日)

 七時起床。『轟轟戦隊ボウケンジャー』、今日はグラビアアイドル・山崎真実演ずる悪役くのいち“風のシズカ”の主役編。七変化の幻術でボウケンブルーを翻弄するというストーリーだが、ハテ七変化で敵をまどわすのは、デンジマン(八〇年)の『謎なぞ七色レディ』以来の伝統として、これまでは戦隊ヒロインのはずではなかったか? 今回の戦隊ヒロインのキャラが弱いのか、はたまた山崎のキャラのほうが強すぎるのか。
 十一時、小雨の降り出した中(まだ傘をさすほどではなし)近くのスーパーまで買い出しに。が、なぜか生鮮品の棚がガラガラで、野菜にいたってはほとんど空っぽ。その他の商品は投げ売りされている。壁の貼紙をみると、店舗移転のため、明日でいったん閉店するのだという。移転先はというと、これがウチからはけっこう便のよくない場所。あ?あ、とちょっと鬱になる。前の場所からここに移転して、まだそんなに経っていないのになぁ。なにがあったんだろうか? 特売品をあれこれ買い込んで帰宅。
 カップ焼そば食って、資料あさりにかかる。仕事しながら、昨日放映のドラマ『東京タワー』とそのメイキング番組を観る。余談であるが、メイキングのほうは、このドラマを企画し、撮る直前に急逝された久世光彦氏のお弟子さんであった知人がディレクターをしているのだ。サテ『東京タワー』。田中裕子、加藤治子、樹木希林らの芝居はさすが。おかしみのある哀しさ、哀しみのあるおかしさを見事に表現されていて、グイグイ引き込まれた(とくに加藤さん!)。希林さんは今回は『ムー』(七十七年)で演じた“金田さん”を継承するキャラクターでのワンシーン出演だったが、相手にした大泉洋・塚地武雅・佐藤隆太らを完全に食ってしまっていたね。三人とも若手の中では芸達者として評価の高い面々なのだが、彼女と並んでしまうとやはり格の差というのをいやでも痛感してしまう。大泉はあらゆる面で、原作者であり主人公のモデルであるリリー・フランキーとかぶる部分のないタイプなのだが、果たしてそのあたりに対する視聴者の意見というのはどのようなものとなるのか。吉と出るか、凶と出るか。そしてまた「カネダさん」「カネタ、です」という往年のギャグ(?)を理解できた視聴者は、いったいどれだけいたのだろうか。
 資料あさり、八時まで。入浴し、ちょっとまったりする。テレビでは速水もこみちのビタミンレモンの新CMが。以前、この日記に「速水もこみちのイケてないバージョンである“速水いまいち”は波多陽区にクリソツ」と書いたが、なんと今度の新作には、その波多が出演! やはりあの感想を抱いたのはオレひとりではなかったのだな、とちょっと嬉しく思う(なんでだ?)。十一時半、就寝。『東京タワー』、放映直前の不祥事発覚によってお蔵入りとなってしまった幻の“山本圭壱出演バージョン”のほうもいつか観てみたいなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/20(月) 20:07:32|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<暴走と怪人 | ホーム | 新宿と八王子>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/596-49f73c85
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。