本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

放送禁止用語とMXテレビの噂

11月22日(水)

 七時起床。本日も朝から夕方まで出仕事。六時帰宅。夕食。入浴後、きのう買った中島らも著『何がおかしい』(白夜書房)をちょっと読む。朝日新聞の月刊誌『論座』に連載された「笑う門には」というエッセイが全回分収録されているのだが、そのうちの一本『物言えば』(編集者に掲載を拒否された未発表原稿だそうな)の中に、どう考えても誰に対する差別にもあたらなそうな“虚無僧”という呼称までも「使い方によっては職業差別に成り得る」という理由から放送禁止用語になってしまっていて呆れた、という旨の話が載っていたが、近年の“言葉狩り”をともなう過剰な(不要な)人権擁護運動にはホントに呆れる。そう考えると、自主規制ほぼ皆無な東京MXテレビの存在がますます謎になってくる。『5時に夢中!』には用語どころか存在そのものが放送禁止っぽい岩井志麻子がレギュラーだし、『談志・陣平言いたい放題』では文字通り“言いたい放題”である。こないだなんて「河原乞食」と立川談志が堂々と口にしたのをそのまま堂々と流してたぞ。うーむ、MXテレビの番組はじつは都内の選ばれた三十世帯くらいにしか流れてない、という噂もにわかに信ぴょう性を帯びてくるなぁ……。
 チオビタを飲んで心身共におのれを鼓舞し、『バディ』連載と、某社へのプレゼン原稿を一気に仕上げる。送信し、零時ごろ就寝。禁止用語の増加は民度の低下に比例する、とオレは思うのだが。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/27(月) 19:57:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<曇天と平井堅 | ホーム | スクラップと「?になります」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/599-134af94c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。