本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

訃報二連発と苦笑

12月20日(水)

 七時起床。本日も朝から夕方まで出仕事。午後、こんな訃報がネット経由でとどく。
【元都知事・青島幸男さん死去………………放送作家、タレントとして高度成長期のお茶の間の人気を集める一方、95年の東京都知事選で無党派旋風を巻き起こすなど政治家としても活躍した前同知事、青島幸男さんが20日午前、骨髄異形成症候群のため東京都内の病院で亡くなった。74歳だった。1932年、東京・日本橋の仕出し弁当店の二男として生まれた。早稲田大学卒業後、テレビのコント番組「おとなの漫画」で放送作家としてデビュー。歌謡バラエティー「シャボン玉ホリデー」で売れっ子に。植木等の「スーダラ節」の作詞などを手がける一方、67年には、テレビドラマ「意地悪ばあさん」に主演し、タレントとしても一世を風靡した。81年に母親をモデルにした「人間万事塞翁が丙午」で直木賞を受賞した。芸能・文化面での活躍の一方、庶民の目線による政治の実現を標榜。68年の参院選全国区で2位当選(以後5回当選)し、政界入りした。この時のトップ当選は現都知事の石原慎太郎氏だった。
 71年の参院予算委員会で、当時の佐藤栄作首相を「財界の男妾」と呼んで批判し、92年には、5億円献金受領問題で金丸信自民党副総裁(当時)の議員辞職を求めてハンストをするなど、意表を突く手法で時の権力への対決姿勢を貫いた。95年の都知事では「反既成政党」を掲げ、政党相乗りの石原信雄・元官房副長官らを破って初当選。大阪府知事に当選した横山ノック氏と共に無党派層の時代を演出した。知事就任後は、開催が決まっていた世界都市博覧会の中止を実現させたものの、東京協和・安全の旧二信組の破たん処理への対応や自衛隊違憲発言、都の食糧費公開への消極的な態度などで批判を受けた。1期限りで知事を引退。04年の参院選に出馬したが、復帰はならなかった。】
 今年はホントに訃報々々の一年だった気がするが、いよいよ二週間をきったところで運命の女神様もラストスパートをかけた感じで、またまたビッグネームが一人いなくなったなぁ……。タレント文化人としてはともかく、政治家としてはかつて共闘した革自連(革新自由連合)の仲間たちからケチョンケチョンにケナされていたっけ。追悼の意味をこめてそのあたりの事情を記した告発本『変節の人』(矢崎泰久著・飛鳥新社)をでも読み返してみるか、と思ったら何年も前に処分していたのであった。あぁ、捨てなければよかったなぁ、と思いつつ、ご冥福をお祈り致します。
 などと、書いて再度ニュースサイトに戻ると、さらに仰天の訃報がアップされていた!
【女優の岸田今日子さん死去………………アニメ「ムーミン」の声などで知られる個性派女優の岸田今日子さんが17日午後、脳腫瘍による呼吸不全のため死去していたことがわかった。76歳。1930年(昭和5年)4月21日、東京生まれ。父は劇作家の岸田国士、姉は詩人の岸田衿子。文学座を経て、映画「砂の女」(64年)で注目され、シェークスピア劇に多数出演する。私生活では54年に文学座の仲谷昇と結婚、長女まゆさん(25)をもうけるが、78年に離婚した。】
 すまんが、青島氏よりこちらの訃報のほうがショックが大きい。あちらのほうはガン闘病をカミングアウトしたりして“死の影”というものを薄々ながらどこかで絶えず我々に感じさせていたが、岸田さんのほうは特に「患っている」というイメージもなく(最後まで現役という印象)、あまりに唐突だからなぁ。しかもつい先ごろ、元・夫の仲谷昇氏も亡くなったばかりだし(迷信好きな輩は「きっと仲谷氏がひっぱったんだ」とか言うんだろうなぁきっと)。そういえば従弟の俳優・岸田森が死んだのもやはり年末の時期だったっけ(そのときの週刊誌記事をオレはいまだに持っている。あと“ミスターゴジラ俳優”の平田昭彦さんのも)。この人こそまさに「余人をもって替え難し」と呼ぶにふさわしい女優であった。この言葉をてめぇのドラ息子ごときに対して軽々しく使った石原慎太郎は罰として漢字書き取り十ページ! そして岸田さんには謹んで合掌。
 六時帰宅。雑用のあと、ブログ用原稿の入力作業ボランティアの志願者が見つかりました、と伊藤文学氏に電話したら、「あー、あれねー、じつはやってくれるって言ってくれるところが見つかっちゃったんダヨ。悪いねー」とやや恐縮した様子で。いかにも文学氏らしいなぁ、と苦笑。いや、笑ってばかりもいられない。ボランティアを名乗りをあげてくださった方にお詫びのメールを出しておかねば。資料整理などしてから零時就寝。アオシマだぁ、というギャグをそういやなぜか高校時代に連発してたなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/25(月) 23:18:18|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<第三の訃報とラスト荻窪 | ホーム | ラスト入稿と思い出の映画>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/629-0e2aae48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。