本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大そうじ断念とシビれる曲

12月22日(金)

 八時起床。大そうじでもしようかと思い立ち、あちこち手をつけはじめるも収拾がつかなくなって断念。わが家を乱雑にしているのは絶えず増え続ける本や雑誌の皆さんなのだが、それらを収納すべき書棚に空きスペースはもうすでにない。つまり、どうにもならんのである。というわけで早々にあきらめ、資料整理に切り替える。不要な本をバラし、要る部分のみスクラップして残りを処分していくことだけが、わが家をスッキリさせるたったひとつの手だてなのである。
 終日、資料整理に費やす。東京MXテレビ『5時に夢中!』は、なんと十月からMCを務めてきた萩原流行が番組を卒業するという。わずかワンクールの司会って……。最初からの決めごとだったのか、はたまた放言ゆえの解任なのか? だとしたら、田中真紀子以来の舌禍更迭であるなぁ(笑)。いずれにせよ、三代目司会者が誰になるのか気になるところである。徳光Jr.が『レディス4』を早々にクビになって出戻る、なんてことになったら面白いんだが。
 ナウい音楽ファンは『ミュージックステーション』の特番を観るんだろうが、そうでないオレは七時半からBS-2『日本のフォーク&ロック大全』を。懐かしい日々が想起される曲がいっぱいで、知らないうちに口ずさんでしまうことしばしば。村下孝蔵の『初恋』がどうしてあんなに胸にしみるのか不思議だったのだが、リリースされたのがオレが親元を離れたのと同じ年だった。道理で、ね。昨日訪れた荻窪のアパートのことをふと思い出してしまった。あの二階の四畳半でくすぶりながら、オレはこの曲を聴いていたのか、と。
 十時半からは録音しておいたTBSラジオ『唐沢俊一のポケット』を聴く。ゲストは二度目の登場となる“日本一惜しいハンサム”こと半田健人。彼が渚ようことのデュエットで今度出した曲『かっこいいブーガルー』(http://www.teichiku.co.jp/artist/nagisa/disco/cg5.html)にシビれる。基本的にCDなどは買わないタチなのだが、これは買ってみたいと本気で思う。じつはウチの母方の祖母は昔クラブを経営していて、幼稚園児だったオレはそこでホステスのオネーチャンたちや酔客のオッチャンらからマスコットとして可愛がられながら、フツーの子どもならば決して見ないような光景を見、聞かないような生臭い話を聞きながら(幼稚園児だから聞いたってわからないだろ、と油断して、オトナたちはレゴブロックとかで遊んでるオレの傍らでかなり深刻な身の上相談などをしていたのだが、ドッコイこちらはちゃんと耳をそばだてていた)成長したのだ。その頃に店のステレオやジュークボックスなどで流れていた曲たちと、『かっこいい……』はフィーリング的にかなりシンクロするのである。カラオケ嫌いなオレだが、これはちょっと練習してみようかな、とも思ったが、それには相方を探さなければならん。オレの周辺にいるかな?、こういう系統の歌が好きな誰か、って? 番組ではまた青島幸男の訃報についても触れ、他局では決して選ばない追悼曲として「意地悪ばあさんの唄」を流した。といっても八十年代に声優アイドルバンド・スラップスティックの歌った ♪イージー イージー イジ イジ イジ イジ 意地悪ばあさん、ではなくて青島氏が自らうたった古いほうのヤツね。歌詞は次の通り。

イジワルは楽しいよ イジワルは楽しいよ
あー この世で一番楽しいものは
なんてったて イジワルですよ
へへ にくまれたいよ 鬼ババで いいですよ
それが生きがいだもん 
おや きこえてきますよ 悪魔の声が
ばあさんガンバレと
イジワルを もっとやりましょう イジワルを もっとやりましょう
あー すましたやつらによくきく薬は
なんてったって イジワルですよ

 いいねぇ、この全編をつらぬく昭和テイスト! そしてコミックソングの王道をゆく青島氏の歌唱法も絶品である。これもカラオケで歌ってやろうかな。流行りばかりを追う周囲へのイヤガラセとして(笑)。しかし残念なのは二番の歌詞には

へへ ここらでチョイと ツンボになっちゃおう
全然きこえません
おゃ わたしは何も 存じませんよ
ペロリと舌を出す

 という現在ではナニになってしまっている表現があるためワンコーラスしか流されなかったことである。うーむ。入浴して零時就寝。半田健人はなかなかの逸材だなぁ、と最近、折にふれて思うオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/25(月) 23:19:55|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<献本に感謝とウォーキング | ホーム | 第三の訃報とラスト荻窪>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/631-628b1295
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。