本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

年イチの涙と予定通りの仕事

12月24日(日)

 七時に目覚めるが、例によって布団のなかでウダウダしながらテレビ鑑賞(特撮モノ三本)。『仮面ライダーカブト』では不覚にもラストシーン(仮面ライダーサソード=神代剣の最期)で目頭が熱くなってしまった。ヒーロー物で泣けてくるというのは久々だなぁ……と思ったが、いちおう日記を読み返すと昨年にも『マジレンジャー』で泣いていた。なんだ、年にいっぺんペースで泣いてンじゃん。
 八時半起床。同時に原稿書きスタート。『バディ』八ページ特集の大幅な追加執筆。一心不乱にひたすらカリカリ(という擬音のほうがモノカキ仕事っぽいね。キーボードをカチャカチャ、では気分が出ないやね)やる。その間に腹に入れたのは焼き芋一本のみ。一ページ一時間くらいの見当かなぁ、と思いつつ書き出したら四時すぎ、まさにその通りのペースで書き上がった。有言実行の男、それはオレ(笑)。原稿を編集部に送信して、夕食、入浴。
 六時半からは年末恒例の『M-1グランプリ』。今年はチュートリアルが栄冠に輝いたが、最終決戦に臨んだほかの二組、麒麟もフットボールアワーもかなりイイ出来であった。四千組の中から勝ち上がってきたのだから当然なのだが、テレビ中継戦に登場した八組はどれもレベルが高いなぁ。このレースのイイところは、最近とんと見かけなくなった「一生懸命」というものに満ちているところだね。遮二無二なんてカッコワルイ、という気運がもうずいぶん前からこの国には広まっているが(桃井かおりをイメージキャラクターにして「シラケ世代」なんて言葉がマスコミを賑わわせたのはかれこれ三十年以上も前だぜ)、懸命にやらずして成功なんて掴めるものか。努力してますヨ、とアピールすることがダサイのであって、努力すること自体はいつの世でも尊いのである。ヘラヘラしてるように見えても、成功してる人間たちは皆一様に他人に知られないところで頑張ってるのである。だからオレは、努力もなしに功名心ばかりを膨らませてるようなズーズーシー奴、片手間仕事で他人からチヤホヤされたがってるようなムシのいい奴というのが大嫌いなのだ(そういう輩とはドンドン積極的に縁を切ってます)。
 雑用の合間々々に読書。下関マグロ氏の新著『東京アンダーグラウンドパーティ』(二見書房)。いまとなっては貴重な九十年代初期からのアングライベントの記録写真満載の本なので見るだけでも楽しい。十一時半、読了。そのまま就寝。これまでは今ひとつ突き抜けられない感の強かったチュートリアルの来年からの進撃ぶりが今から楽しみだなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/25(月) 23:21:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<演目と大衆性 | ホーム | 献本に感謝とウォーキング>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/633-af6fe32e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。