本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

忍法・木の葉隠れと仕事納め

12月27日(水)

 七時起床。ワイドショーではどの局ものきなみ、昨夜遅くに開かれたというこの会見の模様を。
【紀香&陣内が結婚報告!発覚から42日、初のツーショットを披露………………10日に結納を交わした女優、藤原紀香(35)とお笑いタレント、陣内智則(32)が大安の26日、都内でツーショットの婚約会見を行った。紀香の「芸人の嫁になるんで、三歩下がってついていきます」の言葉に、陣内は「藤原紀香に嫁ぐと言われないよう、僕が頑張らなきゃ」と大きくうなずいた。しっかり女房を得た陣くん、1000万円超のダイヤの指輪を贈ったんだから、あとは頑張るっきゃない!! 挙式は来年2月17日に神戸・生田神社で行われる。会見場は2人が出会った東京・麹町の日本テレビ。紀香は大胆に両肩を露出したミニのワピース。陣内は黒のスーツにオレンジのネクタイで臨んだ。最初のデートは友人としてバッティングセンターで。「僕は緊張して全然打てなかったのに、紀香さんは120キロをバンバン打ってました」という陣内に対し、「まったくデートの感覚がなかった」と紀香。それが、電話やメールでやり取りするうちに、「ありのままでいられる」存在へと変化していった。結婚報道が出た直後の11月中旬に、三重・伊勢神宮でプロポーズ。「生涯をかけてともに恋愛をしてください」と陣内。その言葉に紀香は「おともします」と大きくうなずいた。陣内は会見で、「亭主関白はないです。でも、藤原紀香に嫁いだとは言われたくない。僕が頑張らなきゃ」と知名度や年収差を埋めるために精進することを誓った。紀香も「なんやかんや言うても芸人さんの嫁になるので、一歩下がって、三歩下がってついていきたい」と陣内の出世を全面サポート宣言だ。】
 なんというか、このツーショット会見映像を観て、ようやく「紀香と陣内はホントに結婚するんだなぁ」と信じられた気がする。どうもこれまで今ひとつ信用できないでいたのである。マスコミが先走って書き立ててるだけの話なんじゃないか、と。現時点で“今世紀最高のギャップ婚”であるわけだが、長続きしてくれるといいなぁ、と素直に思う。なんでだろ?
 本日も朝から夕方まで出仕事。天気は台風一過といった趣の青空。気温も春のように高い。しかし街は昨日の風で散らされた枯れ葉が舞い飛び、ちょっとした“忍法・木の葉隠れ”のテイである。昼休みに神田神保町をゆくと、風向きの具合か、某大型書店に大量の葉っぱが自動ドアの開くたびに舞い込み、どちらが店内でどちらが戸外なのかわからないほど(笑)。とはいえフロア内に枯れ葉の敷き詰められた本屋というのもある意味シュールで、内心ちょっとカッコイイと思った。「こういう内装なンです!」とか言われたら、それはそれで納得してしまいそうな雰囲気なんであるよマジで。“内心で思った”といえば帰り際、ランチを済ませた後らしき女性三人組とすれ違ったのだが、その中のドングリみたいな体型をした女の子が「あの店ってさァ、すっごいボリュームだよね」とか言っているのが耳に入り、つい心の中で「いや、あなたのボリュームに勝てるものはないです」と呟いてしまった。人間とは不謹慎を日々積み上げながら生きている存在なのだねぇ。
 五時まで仕事。そのあと東京駅へむかい、新幹線に飛び乗り帰省。七時前に着。周辺の店などをひやかしつつ徒歩で実家へ。八時帰着。食事・入浴をすまませて十一時就寝。今日で今年も仕事納めだなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/09(火) 21:16:12|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<向い風と不満な追悼番組 | ホーム | 大雨と新連載>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/636-c0ea7a46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。