本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

特にどうということもない大晦日と不況風

12月31日(日)

 七時起床。昼食のあと外出。駅まで帰りの切符購入に行きかたがた市の中心エリアをじつに十年ぶりぐらいにぐるりと散策す。不況の風、目に見えて吹き荒れている感じ。個人商店が次々に店じまいし、大手資本にとって代わられている。地場産業もすでに死に体であるし、夕張のケースは決して特殊な例ではないだろう。新宿の中心地に住まいなどしているとつい見落としがちになってしまうが、しかし仕事に通っている都内の盛り場であってもシャッター街エリアは確かに存在しているわけだから、自体はホントに深刻だ。まさに“恐慌”と呼ぶべき未曾有の危機が近づいているのかもしれん。そして一番おそろしいのは、そのことを政府与党が見て見ぬフリをし、デマの発信元になっている点である。箱モノ行政も相変わらずだし、日本が総“夕張”化するのも決してあり得ない話ではないかもしれん。
 三時すぎ帰宅。暇なので読書三昧。林真理子のエッセイあれこれ。アグネス・チャン騒動(平成初頭にあったフェミニズム代理戦争。長くなるのでここでの解説は省く。知りたい人は各自ネットで調べなさい)の検証をしてみたくなり、その発端となった文章などを読み返す。“聖母子像”という理屈ではぜったいに覆せないものをつきつけながら横車を押すアグネスには辟易するが、あの問題があれほどの社会現象となったのは、まだ世の中に余裕があったからなんだよなぁ。食うや食わずの状況下では、そのネタで食ってる学者や評論家のセンセイでもないかぎり、わざわざ論じようなどとは思うまい。そもそもアグネスのやり方によって実害を被るのは、彼女が出入りしている現場のスタッフたちだけなんだから。ギャラリー(一部参戦者もふくめて)は結局、“ハブとマングース”の闘いを面白がって眺めていたにすぎないんだよなぁ。
 年越しソバを食べたあと、TVタックルの三時間特番(こちらは政局特集)を観ながら、たぶん十時頃に就寝。いつもとおんなじ生活ペース。大晦日だからといって特に浮かれることもなく、つねに平常心を保ち続けておりますオレは。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/09(火) 21:19:54|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<別になんということもない元日と笑えない『お笑いウルトラクイズ』 | ホーム | 散歩とたま出版のおっちゃん>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/640-3b84e2d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。