本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

おハイソ日本とトンテイ

1月4日(木)

 七時半起床。テレビ朝日『スーパーモーニング』で、ときおりマスコミで取り上げられる“東方力丸”という漫読家(路上で漫画を独り芝居的に読み上げてオアシを貰うパフォーマー)の姿を追っていたのだが、それは同世代の青年実業家との対比例としての紹介であり、いわば“格差社会の底辺代表”なのであった。しかし、それほど奇異なものであろうかねぇ、こういう商売って。要は、オレなんかの世代がまだ幼児だった頃に営業していた紙芝居屋さんと同じようなものではないか。あの頃、あのオジサンたちを珍商売などと見る者はいなかったし、底辺層などと扱うこともなかった(少なくともオレの周囲には)。漫読家を仕事ではなく奇行とし、蔑みや同情の目を向けてしまうあたりにテレビマスコミ人の、ひいては現代人の精神性の貧困さを感じるねぇ。いつからこんなイヤラシイおハイソさんはかりの国になってしまったんだろうかねぇ、日本は。
 十時半、外出。新宿二丁目まで、ネットコラム用の画像を撮りに。仲通りやその周辺をデジカメでぱちぱちと収めていく。人を写すわけにはいかないので、どうしても人通りの少ない午前中になってしまうのだが、この時間帯だと二丁目の猥雑感が映しこめなくてチト寂しい。昼時、ちょっと前に観た番組内で爆笑問題の太田が「松屋のトンテイ、トンテイ」と連呼していたので、マインドコントロールされて豚焼肉定食。正午をまわると、今日が仕事始めらしきホワイトカラーたちが続々とやって来る。三が日が明けたとたんにネクタイを締めなければならないとは、日本のサラリーマンたちの悲哀を感じるなぁ。こんなに尽くした挙げ句に残業代までカットされた日には、ホント立つ瀬がないというものだ。
 一時半帰宅。暖かな晴天で家に戻るのが勿体なくなるが、まぁ、仕事がありますンで。画像の整理をし、加工し、ネットにアップしたりしているうちに、あっという間に夜。八時くらいまでで今日の仕事はとりあえず終了。読書などしてから十一時就寝。松屋のトンテイ、決して不美味くはないが、太田が騒ぐほど旨いとも思わんなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/09(火) 21:26:08|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ボールベンと今年初の中目黒詣 | ホーム | 笑っちやう乗車率と仕事始め>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/644-6acd1f6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。