本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

移籍と偶然

1月9日(火)

 七時起床。朝から夕方まで、今年初めての出仕事。ネットニュースでこんな話題。
【「ブラックジャックによろしく」ライバル誌から“移籍”………………医療現場で奮闘する研修医の姿を描き、人気を集めた佐藤秀峰さんの漫画「ブラックジャックによろしく」の続編が22日発売の「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)から、「新ブラックジャックによろしく」として新連載されることになった。同作は、05年末まで「モーニング」(講談社)で連載されており、ライバル誌への人気漫画の“移籍”は極めて異例。
 同作は、名門医大を卒業した研修医・斉藤英二郎が、さまざまな医療現場で、医療体制の矛盾や人間の生死に直面しながら、医師として成長する姿を描いた人間ドラマ。02年の連載開始以来、綿密な取材に基づいたリアルな医療の描写などで、「第6回文化庁メディア芸術祭マンガ部門」で優秀賞を受賞、単行本13巻までの累計発行部数は1000万部を超えた。03年には妻夫木聡主演でテレビドラマ化(TBS系)もされて話題を集めたが、05年末の「精神科編」の終了で、連載が中断していた。連載開始は、6日発売の同誌6、7合併号の次号予告で発表され、「その『闘い』は……終わっていない」「あの名作の続編がスピリッツで始動」と紹介されている。】
 人気漫画のライバル誌への乗り換え、と聞くと、編集部の勝手な思惑に翻弄されて『マガジン』→『サンデー』→『マガジン』と流転の運命をたどった赤塚不二夫の『天才バカボン』や、作者である御大・手塚治虫の逆鱗にふれ、制裁という意味あいで『マガジン』→『サンデー』へと移された『W3(ワンダースリー)』(W3の人気キャラである“ボッコ”の設定に酷似した“チャッピー”というキャラクターが活躍するテレビアニメ『宇宙少年ソラン』に手塚氏が「盗作だ!」と激怒、その漫画化作品がおなじ『マガジン』で始まると知るや、同誌より連載を引き上げてしまった。この一件は“W3事件”として漫画界の語り種となっている)などが思いだされるところだが、果たして今回の移籍騒動はどのようないきさつによるものなのであろうか。掟破り、と非難する声もあろうが、しかし編集者のサラリーマン化のいちじるしい昨今の出版界において「まだこういう荒技をくりだせるような猛者が残っていたのか!」と驚くことができたのは、ギャラリーとしてはちょっと嬉しいところである。まぁ、現場の当事者たちはそんな気楽なことは言ってられないだろうけれど。
 五時半、新宿。買物をして七時すぎ帰宅。夕飯、入浴のあと連絡メールをいくつか出す。ヤフオクで落札して今日届いた某対談集を開いたら、高校の同級生にしてオレを文芸部に引きずり込んだ男が対談相手の一人として登場していて笑った。思えばわが文芸部は“文芸部”とは名ばかりのお笑い集団で、同人誌制作をのぞけば「ここは何部ですか?」と訊かれそうな活動しかしていなかったのであった。「ピンポンパンとポンキッキはどちらが番組として優れているか」について熱く議論したり(オレはピンポンパン支持派)、“イタコ対談”と称して、それぞれがゴヒイキの作家になりきって(作家の生き霊をおろして)代理トークをしたりと、我ながら「何をやっていたんだろう」と首をかしげたくなるようなクッダラナイ部活であった。それでも六人いた部員のうち、オレとそいつがまがりなりにも作家仕事でオアシを頂戴するようになったんだから(といっても方向性はまったくの真逆で、あいつは当時から純文指向、オレはその頃から絶対通俗主義)、業界進出率はマアマア高いのではないか? 自慢するわけじゃないが、これはチェッカーズの“ガン罹患率”よりも高いのだ(あちらは七分の二)。MXテレビの『ウルトラセブン』再放送を観てから零時就寝。高校卒業してから今年で干支二まわり、思えば遠くへ来たもんだなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/11(木) 09:18:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<片づけとめでたくない新年会 | ホーム | 清濁こもごもの成人式とフリマ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/649-f1a11a2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。