本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

撮影とハンカチ王子

1月13日(土)

 八時起床。雑用などをあわただしく済ませてから十時半、外出。JRで原宿まで。今日はパフォーマンスユニット“ASIAN TURKEY PARK”のチェリー木下さんに仕事用のポートレートを撮影してもらうことになっているのだ。駅についたあたりでチェリーさんから、前の用事が長引いているため三十分ほど遅れます、とのメールが。ちょうどいいので、竹下通りをぬけて明治通りのブックオフを覗くことに。雑誌をいくつかと文庫を一冊購入。今日は「文庫本、二冊五百円セール」だとかで、「もう一冊お求めになりますとお得ですよ」と勧められるが、欲しくもないものを買ってまで値引きなんてされたくはない。まさに本末転倒である。
 ふたたび原宿駅まで戻る。十一時四十分ごろ、チェリーさん来たので明治神宮の参道へ入る。表参道だ竹下通りだのでごった返す原宿駅の反対側に、こんな巨木たちの支配する静寂の世界があるなんて、訪れたことのない人には想像もつかないだろうなぁ、と思う。知らぬ者は「都心はどこも画一化されたのっぺらぼうな街並」という先入観をもっているのだろうが、じつは郊外ほど没個性で(郊外の風景なんて日本全国どこへ行ってもほぼ同じ)、都心ほど様々な表情をもっているものなのだ(たとえば西新宿の高層ビル街の足元に、貧民窟かと思うような老朽住宅地帯があることをご存知か?)。渋谷のバラバラ事件にしても、そうした都心の死角あってこそのケースなのだ。それはさておき、撮影はサクサク進み、なかなかイイものが撮れた気がする。仕上がりが楽しみである。
 代々木寄りの出口から出て、新宿まで歩く。富士そばで食事してから駅前でチェリーさんと別れて、二時すぎ帰宅。原稿書きなどしてから五時半、再度外出。徒歩で中野ZEROホールへ行き、東京メトロポリタンゲイフォーラム主催の学習会『多様な生き方を考える』に参加する。主催者の赤杉くん、石坂くんに新年のご挨拶と、ミクシィ上での彼らのバッシングに対する対応のアドバイスを少々。これはすべき、これはしてはいけない、と。九時半に会は終了。そのあと中野駅前で参加者の交流会に合流。
十一時すぎまでアレコレ話す。JRで十一時半ごろ帰宅。テレビつけると例のハンカチ王子を取り上げており、彼の名前が「斉藤祐樹(さいとうゆうき)」というのだと初めて知る。いや、オレはスポーツニュースを一切観ないので、名前なんて知らなかったのである。親御さんが、やっぱり斉藤由貴のファンだったのかなぁ? などと思う。入浴して零時すぎ就寝。せっかく明治神宮まで行ったのにお参りはしなかったオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/15(月) 20:17:08|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<メクラと手のこんだオバケ屋敷 | ホーム | 意外な早稲田とツイてる一日>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/653-e67d69d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。