本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

偽ポルノと児童ポルノ

2月7日(水)

 七時起床。本日も朝から夕方まで出仕事。行きがけのコンビニで『anan』の「マツジュンのヌードにウンタラカンタラ」という大仰な見出しにつられてつい中を覗くも、「……はァ?」と目が点(なつかしい表現ダネ)になり、わずか八秒ほどで閉じてしまう。ヌードと呼ぶのがはばかられてしまうような露出度で、こんなんをヌードなんぞと呼んだらハダカで商売している世間の方々に申し訳ないという感じである。この程度のものでお茶を濁してるようでは雑誌が力を失う一方なのも頷けるワ、と改めて昨今の出版不況を憂いてしまったネ(可愛く言ってる場合じゃないが)。
 ハダカといえば、こんな報道も。
【小学校教諭を逮捕=児童ポルノ違反容疑?事故死写真転載問題・警視庁………………交通事故で死亡した子供の写真がインターネットのホームページ(HP)に無断掲載された問題で、警視庁少年育成課は7日、子供の裸の写真を知人に提供したとして、児童買春・ポルノ処罰法違反容疑で、東京都羽村市立小学校教諭の渡辺敏郎容疑者(33)=あきる野市=を逮捕した。調べでは、渡辺容疑者は、児童ポルノに当たる子供の裸の写真を電子メールで送信し、知人に提供した疑い。】
 なんというか、この逮捕はどう見てもコジツケの別件だよなぁ。ヤバイ画像を個人的にやりとりしているヤツなんて世の中にはザラにいる。いや、類似行為をしたことのないユーザーのほうが珍しいんじゃないか? まさに、見せしめ、という魂胆が見え見えである。渦中のサイト自体は倫理的には問題アリでも現行法下では微罪でしかないので、なんとかオマケをくっつけて罪状を重くしなくては、と官憲が苛立っている様がアリアリと見てとれて笑える々々々。とはいえ、ヘンタイ連中が奥ゆかしさという美学を失い、威張ってはいけないことで威張りはじめた今、立法関係者はそちらを制限するための措置をアレコレやりだす可能性は大である。思い当たる節のある方は御注意、である。
 丸正で買物をしてから六時帰宅。あわただしく支度して、再度表へ。西新宿の蕎麦屋で開かれる神ひろしさんの誕生会に出席するためである。七時、集合。今回は九人程度のこじんまりとした集まりで、オレの隣には服飾評論家の川木淳氏が。川木氏は、七十?八十年代に『薔薇族』をはじめとするゲイ媒体で執筆されていたほか、かの国民的アイドル「ピンクレディ」のスタイリスト等もされていたんだとか。伊藤文学氏の近況についてなどアレコレお話しさせていただく。この世代の方々の言葉はすべてが金銀パール級に貴重なものなので、今後はできる限りお聞きしていかなければ。間宮浩氏(作家)、波賀九郎氏(写真家)のときのような失敗(若い頃せっかくニアミスしているのに、その時点では無知ゆえにご当人の偉大さに気づかず、何も話を聞けなかった。いまでは両人ともに故人)は二度と繰り返すまじ。
 食事会は九時半で終わり、そのあとは神さんや神さんのマネージャーの妹尾さんらと共に隣のベローチェへ。妹尾さんからは某超大手芸能プロダクションのマネだった頃の話をあれこれ伺う。社長であった昭和の超カリスマ俳優氏の逸話に「ふーむ」と。抱腹絶倒な話もあれこれ飛び出すが、抱腹絶倒すぎてすべてオフレコにせざるをえないのが残念である(笑)。
 カンバンまでねばってからお二人と徒歩にて帰途につく。十一時半ごろ帰宅。入浴して一時ごろ就寝。川木氏は、誌面からオレが抱いていたイメージとはずいぶん違った方なのであった(笑)。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/08(木) 19:50:59|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<久美子と梓 | ホーム | ナベゾ画伯としつこい野党>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/678-cb486e8f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。